子育てに悩むお母さん

シングルマザー

元シングルマザーの私が子育てで大変だと感じた時期TOP5と対策術!

みなさんこんにちは。今回は、シングルマザーだった私が子育てで大変だと思った時期と対処の仕方をテーマにお話したいと思います。

子育てをしていると、思い掛けない形でピンチを感じたりするものです。そういった時期を乗り越えながら強くなっていくのかもしれませんが、想像以上に大変でした。

今回は、私が大変だと思った時期とどうやって乗り越えたかを紹介し、皆さんの子育てに役立てて頂こうと思います。同じ状況になった時の参考に成ると思いますので、是非、最後迄読んでみて下さい。

2人目の子供が生まれて間もない時期

泣いている赤ちゃん

私は2人の子供に恵まれましたが、年子でした。上の子が1歳の時にしたの子が産まれ他のですが、退院してからは、正直、気が休まる事がありませんでした。

2人の子育ては旦那さんの協力が不可欠だと悟った

2人目の子供を産んで退院してからは、常に睡眠不足の状態で2人の子供を見て、家事もしないといけない状況でした。元旦那さんが育児に全く協力してくれない人だったので、ノイローゼになる程の忙しさだったと思います。

通常は、出産後、暫くの間はゆっくりと休養を取るものだと思っていました。ところが、私の場合は、休養を取る事すら出来ず、旦那の協力も全く得られない状況だったのです。

今考えると、我ながら未熟だったと思いますが、ストレスを溜めて怒りを元旦那に向けてしまっていたと思います。「旦那は子育てに協力してくれて当然」という考えがあり、思い通りにならない事に腹を立てていたのだと思います。

出来る事を1つずつやっていくしかなかった

2人の子供が小さい時期は、正直、目の前の出来る事を1つずつやっていくしかありませんでした。全てを完璧にやろうと思うとストレスに成るので、自分が頑張って力を出し切る、という点に意識を向けていました。

また、子育てをツライと考えてしまうと、余計にネガティブになってしまうので、出来るだけ楽しんでやる様にしていました。「疲れた」と言いそうになったら「気持ち良い」と言ったり、「忙しい」を「充実している」と言い換える等、言葉をポジティブに変えたりもしていました。

この様に出来るだけポジティブでいて、目の前の事だけに意識を向けていると、ツライと感じる事が少なくなるのです。もっと良い対処法もあるのかもしれませんが、当時の私は、このような感じでやっていくのが精一杯だったと思います。

潜在意識を活用するなら言霊パワーを利用するのがオススメ

今の私だったら、潜在意識を活用して乗り切ろうとすると思います。「何とかなる」や「自分は凄い!」と言って自分の心を落ち着けたり、完璧に家事や育児をこなしている様子をアファメーションにするのも良いと思います。

また、子育てを否定的に捉えると辛くなるので、子供が産まれてくれた事に関する「感謝ノート」を付けるのも良いと思います。子育てや子供が居てくれる事にとことんポジティブになれれば、子育てがツライとは思わなくなる筈です。

旦那さんが子育てに協力的でなければ、自分で自分を励まして鼓舞するしかありません。言葉の力を上手く活用すれば、シングルマザーの状態で2人目の子供が産まれても乗り切れる筈です。

子供を幼稚園に送り迎えする様になった時

幼稚園の送り迎え

何も知らなかった頃の私は、子供が幼稚園に入園すれば、少しは自分の時間が取れると思っていました。ところが、子供が幼稚園に入園すると、これ迄以上に時間の制限を受ける様になったのです。

幼稚園迄の送迎が想像以上に大変だった

子供を幼稚園迄送り迎えするのは良いのですが、朝送り出したかと思っていると、あっという間に帰ってくる時間になります。朝は、9時前後に到着する様に送り、14時30分には、迎えに来る決まりとなっていたのです。この9時~14時30分の間で仕事を見付けるのは、意外と大変なのです。ゆっくり昼食何て食べられませんので、昼食抜きに成る事も多いのです。

また、子供が帰宅してからは、子供を見ながら仕事をするか、子供誰かに預けて仕事に行かないといけません。私は、幼い頃に両親が蒸発してしまったので、親に預ける事も出来なかったのです。夫婦が円満で、両親が揃っているママ友を見ると、本当に羨ましいと思ってしまい、自分も幸せになりたいと思う様になりました。

幼稚園からの「迎えに来て!」コールが意外と多い

子供が幼稚園に行っている間に出来る仕事が見つかったとしても、突然、幼稚園から「子供を迎えに来て下さい」と電話が掛かってくるのです。

子供が熱を出したり、帰りたいとぐずったりすると、割りと早いタイミングで迎えに来る様に言われるのです。その為、私が突然仕事を抜け出しても大丈夫な仕事を選ばないといけないのですが、其れがなかなか見つかりません。来ても来なくても構わないという仕事なら、そもそも人を雇ったりしないので、当然と言えば当然です。

このような状況で仕事もしないといけないので、インターネットビジネスを成功させようと、必死に取り組んでいました。最初は、失敗する事も多く、人に騙されて借金を作った事もありましたが、今の私があるのは、この時に必死にやってビジネスを立ち上げようとしていたからだと思います。

ゼロから始めるなら在宅ワークが可能なフリーランスがオススメ

もし、今の私が幼稚園の送り迎えをしなければならず、何の経験も実績も無い状態だとしたら、フリーランスから始めると思います。最近は、デザイナーやライティング、プログラミング等の仕事を自宅で受注出来る環境が整っています。

私が子育てをしていた頃は、そこ迄環境が整っていなかったので、職場まで行って仕事をするのが一般的でした。これからは、仕事がある所に行くのではなく、自宅で仕事をする人が増えてくると思います。在宅での仕事なら、子育てをしながらでも、隙間時間を有効に活用して、稼ぐ事も出来ると思います。

ただし、人と話したりする機会が少なく成りますので、自分で潜在意識をポジティブにする必要があります。言霊や瞑想、運動等をする様にして、心のセルフケアも行う様にすると良いと思います。

私と上の子がインフルエンザに罹った時

熱を出す子供

体調管理には気を付けていましたが、インフルエンザ罹ってしまった事がありました。上の子が幼稚園でインフルエンザを移されて、私にも移ってしまったのです。

インフルエンザになっても家事や育児を休めない

私は、インフルエンザに罹っても、家事や育児を休むわけにはいきませんでした。流石に仕事は休まざるを得ませんでしたが、食事の支度と洗濯、子守等は、どうしても休めないのです。

更に、タイミングが悪い事に、私が体調を崩してしまった時に、食材が殆ど何もなかったのです。上の子が寝たタイミングを狙い、したの子を連れて買い物に出掛けないといけないのです。

この時ばかりは、シングルマザーで頑張っている自分の事が、少し惨めに思えてきました。夫婦関係が良好なお母さんなら、素敵な旦那さんがしっかりとサポートしてくれるのだろうと考えてしまうのです。

結局、3日程は、意識が朦朧としながら家事等をこなしていましたが、4日目から少しずつ体調が回復してきました。上の子の体調も少しずつ良くなってきて、何時も通りの賑やかな日々へと戻ってきました。

子育てに怪我や病気によるトラブルは付き物

子育てをしていると、子供の怪我や病気によって、何時もの日常生活が大きく変わる、という事が思っている以上に起こります。その際、身内がいない私は、「もう、どうにもならないかも!」と思ってしまう事がありました。

しかし、子供の病気や怪我で生活がどうにもならなくなった、というケースは聞いた事がありません。私がインフルエンザに罹った時、一瞬「食事の支度が出来ない!」と思ってしまいましたが、ご飯が食べられなくなった子供も見た事がない筈です。

キリスト教の教えに「神は、乗り越えられない試練を与えない」というものがあります。この時の私は、目に見えない存在を100%信じていたわけではありませんが、何かに守られている感覚は、確かにあったと思います。

人生で「困った事は起こらない」という事を悟るべき

スピリチュアルの考え方ですが、潜在意識には、無限の知性とも呼ぶべき、物凄い才能と能力が秘められていると言わています。

例えば、怪我をして元通りの状態に回復するのは、潜在意識に人間の設計図の様なものが情報として入っているからです。潜在意識を活用すれば、出会いやお金、健康等、何でも叶えられると言われるのは、神様の様な「凄い何か」が私達一人一人の中にあるからです。

このような物凄い何かが味方をしてくれているので、困った事が起きても、必ず乗り越えられる様になっているのだと思います。これから子育てをする方は、病気や怪我によるトラブルが起きると思います。しかし、必ず乗り越えられるトラブルしか起きませんので、安心して対処する様にしましょう。

子育てをネガティブに捉える様になっていた時

子供を叱るお母さん

一番苦しかったのは、子育てを嫌だと思ってしまっていた時期かもしれません。考え方がネガティブになってしまい、負のスパイラルに入ってしまったのだと思います。

自分を被害者だと考える様になっていた

子育てや家事で忙しくしている時に「忙しい」というのが口癖になっていました。今思うと、この「忙しい」というネガティブな言葉が精神的に私を追い込んだのだと思います。

何時の間にか、私は、子育てで忙しくしている自分を被害者だと思う様になり、無意識のうちに加害者を探す様になり、子供や元旦那、私を見捨てた両親に怒りを向ける様になったのです。一番いけなかったのは、子供に辛く当たってしまった時です。後になって後悔し、自分を責めて、また苦しくなるというのを繰り返していました。

終いには、自分が何に腹を立てているのかすら分からなくなり、ただの不機嫌な人になってしまったのです。

職場の同僚に「最近、何か変だよ!」と指摘されてハッと我に帰る

暫くイライラしていた私に対し、職場の同僚が「あなた可笑しいよ」と指摘してくれました。

私は、旦那のDVに耐えられないのを理由に離婚をしています。離婚をする際は、子供を元旦那の暴力から守り、「穏やかな環境で育てる!」と決意したのです。

ところが、離婚から暫くすると、私が元旦那と同じ様にイライラして、不機嫌を撒き散らしている事に気付かされたのです。職場で指摘された時は、平気な振りをしていましたが、家に帰ってから、不機嫌になっていた事を泣きながら子供に謝りました。

それからは、「疲れた」とか「忙しい」という言葉は使わず、「気持ち良い」や「充実している」と言う様にしていました。何時の間にか不機嫌に成る事がある、というのを理解してからは、元旦那の事も少しずつ許せる様になりました。

自分なりのストレス解消法を身に付ける事が大切

人間は、気を緩めていると、何時の間にかネガティブになってしまう事があります。恐らく、日々の生活でストレスが溜まっていき、そのストレスに苦しむ様に成るからだと思います。

私は、自分がイライラしている事に気付いてからは、瞑想や運動等、ストレス解消になりそうな事を習慣にしました。掃除をする時も、それ迄は、掃除機とモップ掛けでしたが、運動に成るからという理由で雑巾掛けもする様にしました。

また、自分だけでなく、子供もストレスが溜まっていないか気を使う様になりました。心が疲れていると思うような時は、運動公園に連れて行って、思いっ切り体を動かして遊ばせました。この様に、ストレスに気を使う様になってからは、どんなに忙しくてもイライラする事は少なくなったと思います。

子供が病気で入院した時

泣いている子供

子供が病気で入院した時も、生活が大きく混乱してしまいました。医者や看護師さんにお任せ出来るとばかり思っていましたが、私の想像とは、まるで違っていました。

下の子が胃腸炎で5日間入院する事になる

下の子が3歳の時、お腹の調子が悪いという事で近所の病院に連れて行きました。診察してもらった結果、「胃腸炎の可能性があるので、紹介状を書きます。」と言われ、お隣の市の総合病院に行く事になります。

総合病院で検査をしてもらった結果、胃腸炎を患っている事が分かり、その場で入院が決定しました。私は、突然の事で状況がよく分からず、暫く呆然としていました。

暫くして、看護師さんのアドバイスに従い、入院の準備をする為に買い物に行ったり、自宅に着替えを取りに行ったりしました。その後、入院の手続きや説明を受けて、全ての準備が整います。準備が整い、ホッとしていた時に看護師さんから「退院する迄、付き添いをお願いします。」と言われたのです。

入院の付き添いで仕事を休む事になる

病院の方針だと思いますが、小さい子供が入院する際、保護者の付き添いが必要だったのです。病院にずっと居るとなると、仕事を休まないといけないし、上の子の幼稚園の送り迎えも出来ません。

困り果てた私がした決断は、上の子の幼稚園も休ませて、皆んなで病院に行く、という事です。看護師さんに相談したら、上の子も連れて来て良いと言われたので、そうする事に決めました。

入院に掛かる費用や仕事、上の子の幼稚園等、気になる事は山の様にありましたが、この際、開き直ってゆっくりしようと思いました。仮に2人の子供に何かあったとしても、そこは病院なので、直ぐに助けて貰えます。離婚してから、ずっと忙しくしていたので、ちょっとした休養の積もりで付き添う事にしたのです。

絶対に何とかなるから大丈夫と思える事が重要

子供が病気になったりすると、思っている以上に動揺してしまう事があります。人によっては、取り乱してしまう程、何かに抑えてしまうケースもあると思います。

しかし、私達には、潜在意識がありますので、必ず何とかなる様に出来ているのです。私は、下の子がうち入院すると決まった時、「絶対に何とかなる!」と何度も小さい声で唱えていました。

入院費用が払えないかもしれないと、本当に恐怖を感じていましたが、「払えませんでした」という情報が出来るだけで、大した事は起きないと捉え直したりもしました。

子供が小さいうちは、病気や怪我等の突発的なトラブルは必ずあると思います。何か困ったと思うような事が起きたら、「何とかなる!」を声に出して言っていると、本当に何とかなるので試してみて下さい。

まとめ

シングルマザーでも旦那さんが居るママでも、結局の所は、自分の身の丈にあった波乱万丈しか起きていません。特にお金の問題で深刻になってしまう人がいますが、周りを見渡したら、お腹をすかせている人なんて1人もいない事に気付けます。必ず何とかなる、という事が分かれば、どんな問題でも「どんと来い!」と思える様になります。

ただし、ネガティブな考えには、十分に注意して下さい。私も油断をしていて、何時の間にかイライラする人間になってしまいました。言葉の選び方を気を付けていれば、否定的な感情に支配される事は無いと思いますので、良い言葉を選ぶ、という事に意識を向ける様にしましょう。

ピックアップ記事

  1. 引き寄せの法則ダイエット!食事制限無しで痩せる驚愕の効果とやり方!
  2. シングルマザーでも恋愛出来る!潜在意識を活用し恋愛対象になる方法!
  3. 【主婦でも出来る賢いお金の稼ぎ方】ネットで月5万円以上稼ぐ方法5選!
  4. 【願望実現報告】潜在意識で不倫を卒業し、結婚出来た5人の体験談!
  5. 【潜在意識の書き換え】アファメーション例文付き!お金持ちになった4人の成功例体験…

関連記事

  1. お金

    40代シングルマザーが子供2人を育てながらお金の悩みを解決した体験談!

    みなさんこんにちは。今回は40代シングルマザーがお金の悩みを解…

  2. 滑り台で遊ぶ親子

    シングルマザー

    シングルマザーの子育ては大変だけど楽しい!毎日を楽しむ5つのコツ!!

    みなさんこんにちは。今回はシングルマザーの私が毎日を楽しむ為に…

  3. 一軒家を持つ女性

    シングルマザー

    シングルマザーだって家を買う!マイホームを掴んだ女性5人の体験談!

    みなさんこんにちは。今回はマイホームを掴んだシングルマザー5人…

  4. 笑顔の親子

    シングルマザー

    【シングルマザー】子育てと仕事の両立させる為に私が捨てた8つの事

    みなさんこんにちは。今回は、シングルマザーの仕事と子育ての両立…

  5. 子どもと散歩する夫婦

    シングルマザー

    【シングルマザーの再婚率は何%?】婚活サイト運営者が語る衝撃の事実!

    みなさんこんにちは。今回はシングルマザーの再婚率と婚活サイトの…

  6. お財布を持つお母さん

    シングルマザー

    子育てにいくら必要?シングルマザーが知るべき育児費用や児童手当

    みなさんこんにちは。今回はシングルマザーが知るべき育児費用や児…

オススメ記事

  1. 大人と子供
  2. マウンティング女子
  3. 断る
  4. 仮面をかぶる
  1. アファメーション

    自己催眠[自己暗示]潜在意識が変わるアファメーション例文70選!
  2. 仲の悪い夫婦

    未分類

    【旦那が嫌いで仕方ない】離婚を決断する前に絶対やるべき準備6選!
  3. 猫を抱く女性

    情報商材と詐欺

    【注意】猫や犬の里親詐欺が横行!悪質な手口を実際あった事例を解説!
  4. 声の録音

    アファメーション

    自分の声を聴く録音アファメーションの凄すぎる効果9選!(例文付)
  5. 食事をする女性

    夢診断

    《夢占いより当たる心理診断!》食べる夢を見る意味56選!(好きな物・嫌いな物・指…
PAGE TOP