ジャンプする女性

アファメーション

潜在意識で夢や願望を実現した4人の成功体験談とアファメーション例文!

みなさんこんにちは。今回は「潜在意識で夢や願望を実現した人」をテーマにお話したいと思います。誰でも人生の中で夢や願望を持った事はあるはず。ただ実際に、夢や願望に向かって努力をしても確実に願いが叶うとは言い切れないのが事実です。そこで大事にしていただきたいのが『潜在意識』。本記事では、夢や願望を叶える為に『潜在意識』を活用し、見事実現させた4人の体験談を載せています。この記事を読み終わるころには、きっと『潜在意識』を活用したくなるでしょう。

【5年努力しても叶わなかったのに…】潜在意識を活用したら夢がかなったK.Hさん

試験に合格した女性

K.Hさんは大学生のころから気象予報士の資格取得を目指していた女性です。大学の頃にたまたま履修した授業がきっかけで気象に興味を持ち、資格取得を決めたとの事。

しかし、気象予報士の資格取得率は1桁台ととても低く1度目で合格するのはかなり難しいと言われています。ただK.Hさんはそれでも挑戦すると決めました。

「気象予報士の資格を取るには、物理や化学の知識も必要と聞いたんです。ただ私は文型だったので一から勉強する事が多かったですね。それでも気象予報士の資格は欲しかった。だから大学生活のほとんどを気象予報士の勉強に費やしました」

大学1年から勉強を始め、卒業まで何度も気象予報士の資格を受けたというK.Hさん。ただその狭き門を大学在学中にくぐり抜ける事は出来ませんでした。

「正直、大学受験よりもつらかったですね。大学3,4年は就職活動をしながらの勉強だったので何度も大変な目にあいましたよ。次第に心も折れてしまって気持ちを前向きに持っていく事が出来なくなってしまいました。最後に試験を受けたのは大学卒業後に一度だけ。でも結局受からなくて、自分には無理なんだと思って諦めました」

夢をかなえる努力5年間続けてきたにも関わらず叶える事が出来なかったK.Hさん。彼女を間近で見ていた両親からも「もう諦めて違う事に時間を費やしなさい」と言われたそうです。しかし彼女はこのブログのテーマでもある『潜在意識』を知った時、もう一度受験する事を決めたと話していました。

「“努力”に関しては、誰よりもしてきた自信はありました。でも後半は自分を信じて前向きに考える事が出来なかった。常に落ちたらどうしようとか、マイナスな事ばかり考えて不安になっていたんです。充分な知識があったにも関わらず。だから今度はずっと前向きに物事を考えて試験に臨もうって決めました。これで最後にするつもりで」

『潜在意識』の活用方法を参考にし、もう一度「気象予報士試験合格」という夢を叶える努力を始めたK.Hさん。どんなに困難な状況になっても決してマイナスな事を考える事はせず、常に前向きな言葉とアファメーションを意識したと言います。

結果、彼女は5年目にして気象予報士の資格を取得する事に成功したそうです。

「今まで、試験前はピリピリしていて親も近づけないような状態だったんです。でも今回はずっと前向きに考える事が出来ていたので、試験前日も余裕を持って臨む事が出来ました。当日もかなりリラックス出来ましたよ。実技に関しても、冷静に状況を分析して記述出来ました。あの時『潜在意識』の事を知れなかったらきっと資格は取れていなかったと思うんです。これからも『潜在意識』を活用して色々な事にチャレンジして成功させていこうと思います!」

いつも通りの力を出せるかどうかは、心の奥底に潜む気持ちが関係する

練習や模擬試験ではうまくいくのに、本番ではなかなか力を発揮出来ないのは、気持ちにまだ不安や焦りが残っているからかもしれません。実際にK.Hさんも後半の試験は不安や焦りで潜在意識が埋もれており、マイナスの事象しか引き寄せられない状態だったと考えられます。この記事を読まれている方で、もしなにか重要な試験や試合がある人は、当日までに潜在意識をプラスにシフトさせておくと良いでしょう。

【憧れの看護師になる為に】1年浪人を体験するも諦めず夢を実現させたO.Rさん

看護師の女性

O.Rさんは正看護師になる事が夢で、4年間看護部の学校に通っていた女性です。一般的に看護師国家試験の合格率は90%を超えており、決して難しいとは言えない関門だったのですが、彼女はマークのつけ間違いで不合格となってしまったのです。

「たった一箇所、マークを付け間違っただけなんですけど、全ての回答が1つずつずれてしまったので落ちてしまいました。毎年必ずいると言われているケアレスを私がしてしまったんですよね。事実を知った瞬間、頭の中が真っ白になりました」

試験に落ちたと分かり、先生や同級生に励まされるも全く耳に入ってこなかったというO.Rさん。看護師国家試験は学校の卒業資格さえ満たしていれば、来年も受験する事は可能ですが、合格率は半分以下に下がってしまうという説もあったそうです。当時のO.Rさんには再受験という選択はありませんでした。

「『4年間、色々な事を犠牲にして頑張ってきたのになんで?』という思いが強かったですね。例え来年受けたとしても、また同じケアレスミスをするんじゃないかとか、また不合格通知をもらうんじゃないかと思ってしまい再受験を考える余地はありませんでした。でもそんな時、大学で一番仲が良かった友人から『来年、同じ病棟で働ける事を願っているから』と言われたんです」

親友からの思いがけない言葉にO.Rさんは思わず涙を流してしまったとの事。しかし彼女はその日から再受験に向けての準備を始めたそうです。

「思い出すのは嫌でしたけど、あの日の事を思い返して反省をする事に決めたんです。反省した結果、私が直さないといけなかったのは不安を抱きすぎていた点だと分かったんです。確かにあの時、自分の力をいつも通り出せていたかというと疑問が残りました。試験に対する不安から合格する自信がなかった、それでいつもならしないミスをしてしまったんだと気付きました」

反省を踏まえ、自分が抱く気持ちの中から不安を消す事に決めたO.Rさん。『潜在意識』と『アファメーション』について知ったのはこの時だそうで、このブログを見てくださったそうです。彼女はこのブログに載っている『潜在意識』の書き換えを参考にし、気持ちを常に前向きにシフト出来るようになったと話しています。

「1年間、また同じ勉強をしないといけないのは正直きつかったです…。ただそれでも友人の言葉を思い出してなんとか合格しようと思う気持ちは変わりませんでしたし、なにより『潜在意識』と『アファメーション』の活用で今の自分の環境はとても幸運な事なんだと深く刻み込めていたので、1年間やり抜けました」

翌年の国家試験の日、去年とは全く違う状態で試験に臨む事が出来たとO.Rさんは話していました。彼女は見事、国家試験に合格し今は看護師として働いているそうです。

『潜在意識』はモチベーションや気持ちの維持にとても効果的

看護師国家試験のみならず、国家レベルの試験に合格する人は素晴らしい才能の持ち主といえるでしょう。O.Rさんは一度不合格になってしまったものの『潜在意識』と『アファメーション』を活用し、1年間の再受験期間を乗り越える事が出来ました。

このように、『潜在意識』の活用は長期的なモチベーションの維持にも効果があるのです。

【苦悩の日々が続いても諦めない!】憧れていた作家の仕事で夢を実現させたT.Tさん

作家の女性

T.Tさんは小さい頃から芝居の台本や小説を書く事が好きな女性だったそうです。中学校の部活は演劇部でシナリオ作成を担当しており、色々な作品を手掛けてきたとの事。

高校に入る前くらいから、将来は作家として生きていきたいと思うようになりコンクールに沢山の作品を投稿してきたそうです。

「小さいころからの夢だったので、もう作家の道に進む以外は考えていませんでしたね。親には当然反対されましたけど、私はどうしても夢を叶えたかったんです。でも現実は甘くなくて、私より年下の子がコンクールで良い実績を残している中、私はまったく選考に通りませんでした。気づけば大学卒業を向かえていたんですよね…」

作家の仕事は好きだったものの、収入を得られないままでは作家として生きていく事は出来ないと感じてしまったT.Tさん。一時は心が折れかけ、アルバイトのみに集中する日々が続いたそうです。

「時代はパソコンだと思うんですけど、私は原稿用紙に書くのが好きでした。でもその原稿用紙を見るのも嫌になってしまったんですよね…。本当に自分は作家の仕事で食べていけるのか、自分には才能がないのかもしれない、自分なんかがシナリオを書いてもコンクールなんかで賞を取れるわけがない。そんな事をずっと考えながら半年くらいアルバイトに集中する日々を過ごしていました。でもきっとこの期間を自分で設けなかったら『潜在意識』の活用や『アファメーション』には出会えてなかったと思います。作家から離れた期間が半年で済んだのも、このブログを偶然見つけたのがおかげなんです。私には、おそらく作家の仕事に対する前向きな姿勢と、諦めない強い心が足りなかった事、自分なんかがコンクールで賞を取れるわけがないという思い込みが今回のスランプを生んだとこのブログを見て気づかされました」

ここのブログを見た翌日から、『アファメーション』を活用し『潜在意識』の書き換えを行なったというT.Tさん。その効果はすぐに出たようで、毎日が作家の仕事に携われる喜びと感謝の気持ちであふれ、前向きに小説やシナリオに向き合えるようになったといいます。

「いま自分が文字を書けているのは、企業がコンクールという機会を与えてくれているからでしょうし、なにより家族や友人の存在がでかいなと感じれるようになったんです。それからは、いくらコンクールに落ちても『私はいつか必ず有名な作家になれる!』と信じて突き進めるようになりました」

その後、彼女はあるコンクールで作家として脚光を浴び、いまは出版社と契約を交わし作家として様々な仕事に携わっているとの事。彼女は『潜在意識』に関してこう述べていました。

「作家に限らず、なにかを作る仕事というのは日の目が見えるまで時間がかかるものです。私は一度挫折をし、諦めてしまいましたが…同じように日の目が見えていない人は沢山います。それでも最後まであきらめずに前向きに続ける事が出来る人に日の目が当たるんだと思うんです。『潜在意識』と『アファメーション』は、作品を手掛ける人全員が知っておくべきものかもしれませんね」

前向きな気持ちを持つ事で、前向きな事象を引きおこせる

『潜在意識』と『引き寄せの法則』というのは密に関わっています。『潜在意識』で抱いている思いは、良くも悪くもその通りの事象を引き寄せてしまう事が多いのです。今回、作家のT.Tさんは「自分なんかがコンクールで賞を取れるわけがない」と思っていた時期があったと話しています。このマイナスな潜在意識が「コンクールで賞が取れない」といった事象を引き起こしてしまったのかもしれません。なにかを成し遂げたい、夢を叶えたい時は、マイナスの事を考えない方が良いでしょう。

【ダイエットは気持ちも大事!】潜在意識でダイエットを成功させたY.Hさん

ウエストを測る男性

Y.Hさんは大学を卒業し、大手企業に勤めている20代後半の男性です。大学時代の彼は、サッカーをやっていた事もあり、とてもモテていたとの事。しかし社会人になってからというもの、接待やお酒の付き合いが多くなり運動出来る環境も減った為20kg太ってしまったと話していました。

「自分でもびっくりでした…。あれ、なんで俺はいつのまにこんなに太ったんだろうって。

付き合ってた彼女にもデブになった事が原因で『男性として見られない』といわれ振られました。そもそもダイエットをする事自体苦手だったんですけど、これじゃ誰とも出会えないと思ったんで渋々始めましたね…」

しかし、身体にしっかり身についてしまった脂肪はなかなか減る事はなく、Y.Hさんのモチベーションも低くなっていったそうです。

「学生の頃とは違って、やっぱり脂肪がつきやすくなってるなって感じました。全然痩せないんです…。もうモチベーションなんかありませんでしたね、運動するのもつまらなくなりました。」

そんな時に彼が出会ったのは『潜在意識』を活用してダイエットに成功した人の記事でした。

この記事を見つけた時、Y.Hさんのやる気にも再度火が点いたようです。

「もちろん『潜在意識』だけで痩せたわけじゃないとは思ったんですけど、その人はなにより毎日の身体の変化を自分なりに楽しんでたんです。ダイエットをやらされてる感はその記事からまったく感じ取れませんでしたね。その時、渋々ダイエットを始めた自分がいた事にも気づきました」

翌日からY.Hさんは『潜在意識』と『アファメーション』を活用し、ダイエットに対して前向きな考えを持つ事を徹底したそうです。6か月後には結果が出始め、20kg増量していた体は、大学時代とほぼ変わらないところまできたそうです。ただ、彼はそこでおわりにはしなかったと話していました。

「せっかくダイエットに対して前向きになれているのだから、この際筋トレにも前向きに取り組もうかなと思いました。まだ理想の身体は出来ていませんけど、今も『潜在意識』ち「アファメーション」を活用して、筋トレのモチベーションを維持し続けてますよ!」

彼の『潜在意識』と『アファメーション』を活用した身体づくりはまだまだ続くそうです。

自分が日々変わっている事を認識し褒めてあげよう!

『潜在意識』を前向きにシフトするには、『アファメーション』で何を唱えるかが重要です。

常に前向きな言葉を唱えたり、日々変化している自分を褒めたりする事で、成功への事象はより引き寄せやすくなるでしょう。

「まだまだ足りない」「課題ばかりだ」と悲観になる事は控えて、常に前向きで取り組むようにして下さい。

夢や願いを実現させた人々の『アファメーション』例文

喋る女性

今回、体験談を紹介した人々が実際に用いた『アファメーション』の例文を紹介します。

これからなにか夢を叶えたい人や、いままさに夢に向かって頑張っている人は、これらの『アファメーション』例文を参考にして、自分を奮い立たせる効果的な言葉を見つけてみて下さい。

  • 私はいま、この試練に立ち向かえている事を誇りに思う
  • 私ならこの試験に合格出来る
  • いまこうして知識を得られる環境に身を投じる事が出来てうれしい
  • いま自分がこうして夢に努力出来るのは、周りのサポートのおかげだ
  • 私ならどんな試練でも乗り越える事が出来る
  • 例え合格率は低くでも、合格者は毎年出ているのだから私がその1人になればいい
  • 私より努力している人は沢山いる、尊敬するからこそ負けたくない
  • 私は毎日、数ミリずつ成長出来ている!これからもずっと成長し続けられる!

まとめ

夢や願いを実現させる為に必要なのは「努力」「継続」「諦めない気持ち」です。どの要素も根底には「前向きな潜在意識」を抱いている事が必要といえるでしょう。

今回、体験談を寄せていただいた人々は『潜在意識』の重要性を知り、常に前向きな事を考えられるように変化していました。この記事を読んでいる人で夢や願いを実現させたい人はまず、体験者のように『潜在意識』をプラスに書き換える努力から始めてみましょう。

ピックアップ記事

  1. 【不安解消に効果抜群】5分で不安を取り除く魔法の言葉&名言14選!
  2. 【ブラック企業】パワハラ・サービス残業などブラック企業体験談!!
  3. 【不労所得生活】自動的にお金が入ってくるシステムを作る方法は簡単だった
  4. 【お金がない不安に打ち勝つ】潜在意識を使った最強の不安解消方法!
  5. 【潜在意識の書き換え】アファメーション例文付き!仕事や人間関係が改善した成功例体…

関連記事

  1. 花びら

    アファメーション

    潜在意識に働きかける!簡単に意識が変わるアファメーションの例文29個!

    みなさんこんにちは。今回は意識を変える為の効果的なアファメーシ…

  2. アファメーション

    自己催眠[自己暗示]潜在意識が変わるアファメーション例文70選!

    みなさん、こんにちは。ブログ管理人の敦子です。今回は自…

  3. 瞑想して祈る女性

    アファメーション

    【アファメーションと潜在意識】意味や効果、書き換え成功例を紹介!

    みなさんこんにちは。今回はアファメーションを唱え、潜在意識…

  4. 新月

    アファメーション

    新月に行うアファメーションが潜在意識書き換えに効果絶大な2つの理由

    みなさんこんにちは。今回は新月に行うアファメーションの効果をテ…

オススメ記事

  1. 勧誘
  2. バス停
  3. 断捨離
  4. 雨の日
  1. 結婚したカップル

    アファメーション

    【潜在意識】特定の相手との恋愛を叶えるアファメーションの例文7つ!
  2. エレベーターelevator-appliances-min

    夢診断

    《夢占いより当たる心理診断!》エレベーターの夢を見る意味55選!(落ちる・故障・…
  3. 新月

    アファメーション

    新月に行うアファメーションが潜在意識書き換えに効果絶大な2つの理由
  4. 子育てに疲れた女性

    未分類

    【子育てが辛い‥疲れた、ひとりになりたい】と感じた時にすべき4つの事
  5. ガッツポーズのビジネスマン

    潜在意識体験談

    【願望実現報告】潜在意識で転職成功!理想の仕事を手に入れた4人の体験談!
PAGE TOP