仲の悪い夫婦

未分類

【旦那への気持ちが冷めた】離婚?別居?経験者が語る体験談3選!!

みなさんこんにちは。今回は旦那さんへの気持ちが冷めた瞬間や出来事をテーマにお話したいと思います。

結婚生活というのは、楽しい事とツライ事の連続です。ただ夫婦間にツライ事が立て続けに起こったり、旦那からの理不尽な要求が続いたりすると、女性はいつか旦那に対して気持ちが冷めてしまうでしょう。そんな経験をした事がある人は多いのではないでしょうか。

ここでは、そんな経験をした女性達からの体験談を紹介します。お寄せいただいた女性達がどんな理由で気持ちが冷め、結果としてどんな末路になったのか。是非読んでみて下さい。

旦那のだらしなさに呆れ、男として見れなくなったRさんの体験談

だらしない旦那

専業主婦として10年間、家庭を陰から支え続けてきたRさんは、旦那のある行動に呆れ返ってしまったと話していました。

「とにかくだらしなさすぎるんです。身なりもそうですけど、お金や約束事にもだらしなさすぎました。私達は15年前に同じ職場で出会いました。その時、今の旦那はすごく好青年で身なりもしっかり整っていたんです。付き合ったのはそれから2年後で、それまでもそれからもだらしなさを感じる事はありませんでした」

「当時の旦那はとてもマメで気が利く男性でしたよ。私が髪を切ったら必ず気付いてくれましたし、どんな約束事もしっかり守ってくれたんです。お金にも時間にも厳しい人って好感持てるじゃないですか。ギャンブルもしなかったですし、集合時間の15分前には必ず待ち合わせ場所にいてくれたんです」

「私にとっては行き過ぎた男性だな…なんて思っていたんですけど、ある日告白をされまして。私はまさかそんな事になるだろうと思っていないかったんですけど、見事ゴールイン出来ました。でも結婚してからが地獄だったんです…」

結婚前は旦那様に対してとても好印象だったと話すRさん。しかし地獄は結婚後すぐに訪れたそうです。きっかけは一緒に住む事になった初夜の事でした。

「彼が私の1人暮らしの家に来る事になって、初めて異性と一緒に暮らす事になったんです。でも地獄はすぐに始まりましたね。彼はとにかくモノを所定の場所に片付けられない、服はぬぎっぱなし、ゴミはごみ箱に捨てないでそこら辺に置いておく主義の人だったんです」

「最初はまだ旦那の事が好きだったので我慢していたのですが…、だんだんそのだらしなさがエスカレートしてきて、見ないふりをする期間が増えました」

しばらく旦那のだらしなさに目をつぶっていたRさん。しかし、旦那のだらしなさは留まる事を知りませんでした。いつしか結婚前にしっかりしていた事にまでだらしなさが出てきてしまったのです。

「さっきも言った通り、結婚前は自分に対するお金や時間の使い方はとてもシビアでした。なのに、結婚した途端ギャンブルも始め出すし、どこかで待ち合わせをしても30分以上遅れるのは当たり前になってしまったんです。どれだけ私が注意してものれんに腕押し馬耳東風、どこ吹く風って感じでしたね」

「私もいつしか諦めてしまい、子供も欲しかったんですけど、きっとこの人との子供は不幸になると思ったので旦那との性行為はその決断した日から無くなりました」

そして離婚を決めたのは結婚10周年の日だったそうです。Rさんはある賭けをしたとの事。その賭けに旦那が乗ってくれたら結婚生活を続けていこうと決めていたそうです。

「結婚してからというもの、結婚記念日を旦那から祝ってくれた事はなかったんです。全部私がケーキを用意したり、特別なディナーを予約したりしてました。私的にはもう9回もやったんだからそろそろ旦那からなにかサプライズがあってもいいのかなって思ってたんです」

「でも当日になっても旦那からのサプライズはなく、しかもその日風俗に行って金を落としてきたようでした。私の心はこの瞬間細々に切り裂かれ、砕かれました。そこから離婚まではかなり早かったですね、1ヵ月くらいで別れを告げました」

なぜ別れを告げるのに1ヵ月もかかったのでしょうか。Rさんはその事についても触れて下さいました。

「私1人で生き抜く力が必要だったんです。だから旦那に内緒で実家へと荷物を少しずつ運んだり、派遣のバイトをして1円でも多くお金を貯めたかったんです。だからその1ヵ月は沢山アルバイトをこなしました。でも実際稼げた金額はそうでもなかったので、実家の方で稼げる仕事を探してすぐに離婚届に判を押させました」

もちろん旦那からは引き止められたとの事。ですが、Rさんの決意は変わらなかったそうです。それは度重なる旦那からの裏切りが原因でした。

「人は、人を信じ続ける事で絆が生まれると私は信じていました。だからこの10年間、どんなにだらしなくてもいつか旦那は結婚前に戻ってくれると信じていたんです。でもそんなうまくはいかなかった。むしろ大事な記念日に私の大嫌いな裏切り方をしたのでもう旦那への気持ちはゼロになりましたね」

だらしない旦那を断ち切る事で幸せを手に入れたRさん

離婚した数年後に再婚し、子供にも恵まれたそうです。

少し遅めの出産でしたが、今の旦那さんは前の旦那さんと比べ物にならないくらいしっかりしている方で、不安はなかったと語っていました。

いくら注意しても自分を変えようとしない前の旦那さんとの縁を断ち切ることで、Rさんは新しい出会いと幸せを手に入れる事が出来たのですね。

現在、前の旦那さんがどんな生活をしているかは、Rさんも知らないようです。

旦那の治らない浮気癖に呆然!別居から離婚に至ったAさんの体験談

土下座をする旦那

Aさんは2歳の子供と一緒に暮らすシングルマザーです。ちょうど半年前に元旦那と離婚したばかりの方で、その当時の事を色々と話して下さいました。

Aさんが別居から離婚へと事が進んだのは元ダンナの浮気癖だったそうです。

「元旦那と出会ったのは、大学生の頃でした。その時流行っていた合コンに誘われてそこで知り合ったんです。最初の印象はかなり積極的な人だなって感じでしたね。悪いイメージは一切湧かなかったんです。元旦那も私に対して好印象だったみたいで、私達はそのままの勢いで付き合う事になったんです」

「いま思えば私が知らなかっただけかもしれませんが、付き合ってからも元旦那は一途に私を好きでいてくれていると思っていました。だって記念日も誕生日もしっかりお祝いしてくれるし、浮気なんてする余裕がないくらいずっと一緒にいたんですよ?疑う余地すらありませんでしたよ」

Aさんが元旦那の浮気を疑いだしたのは、結婚1年目の事だったそうです。彼のスーツから匂った香りで気づいたとの事でした。

「元旦那はスーツを着て仕事に行くんですけど、職場では支給されたウィンドブレーカーをいつも着ているそうなんです。だから必然的に白シャツには男臭いウィンドブレーカーの匂いが点いたりするんですけど、ある日違う匂いが混ざってたんです」

「明らかに私の使っている香水ではありませんでしたね。柑橘系というかちょっとツンとした匂いがしたんです。男性モノではない事がすぐ分かりました。その時思いましたね、『あ、こいつ女と会ってるな』と」

「しかも風俗やキャバではないなとだって風俗なら白シャツに匂いなんかつきませんし、キャバクラならたばこの匂いがしてもおかしくない。なんか匂いがピンポイントで綺麗すぎたんです。女だと確信しました。」

Aさんはこの推理を元旦那様に素直にぶつけたとの事。すると元旦那はすぐに浮気を認め土下座をしてきたと言います。Aさんもまだ元旦那が好きだった為1度の過ちは赦す事にしたそうです。

ただ元旦那の浮気癖は治らなかったそうです。

「1度許してもらえた事で味を占めてしまったんでしょうかね。また土下座すれば許してもらえると思ったみたいです。それからもしょうもない証拠ばかり残して私にバレないように浮気をしてたみたいです」

「でも元旦那は女性の勘というのを甘く見ていたと思います。大学の頃から付き合っていれば、元旦那の挙動不審な行動は手に取るように分かるんです。子供が私のお腹の中にいた時でさえ浮気相手の所にいって遊んでましたからね。1回それで激怒したんですけど、すぐ土下座。もしかしたらもその頃から元旦那には気持ちがなかったのかもしれません。あの時は生まれてくる子供の事しか考えていませんでしたから」

子供が生まれて約1年半が経ったころ、Aさんに別居からの離婚を決意させる出来事が起きたそうです。それは世の女性誰もが聞いても許しがたい事でした。

「私も子供の為に働く事にしたんです。固定シフト制の仕事でかつ日曜日が繁忙期の仕事だったんで、その曜日だけは元旦那に子供を見てもらわないといけなかったんです。元旦那は、子供に対してはかなり愛情を注いでいたのでそこだけは信じてました。でもたまたま早上がり出来た日に家に帰ってみると、ドアの向こう側から子供の鳴き声がしたんです」

「慌てて家のカギを開けて入ると、そこには私の履ではない女性の靴がありました。まさかと思い、寝室を開けるとそこには元旦那と浮気相手の姿がありました。子供はその横で泣いてましたね」

「その光景を見た瞬間、私は元旦那に対して『クソ男』以外のあだ名がつけられなくなりました。無言で子供を抱きかかえ、荷物をまとめてさっそうと出ていったのを覚えています。その後はしばらく熊本の実家に帰り、半年間の別居生活が始まりました。」

別居が始まってから離婚まではずっと元旦那から謝罪の連絡があったと話すAさん。しかし、彼女はもう元旦那の所には戻らないと決めていたそうです。

「子供が泣いているのを横目に浮気相手と性行為をするって誰がどう考えても頭おかしいし最悪ですよね。そんな男誰も信じないですよ。今までは土下座をして反省しているという言葉を信用してきましたが、もうその言葉を聞き入れる気はありませんでした。何度も裏切られてますし」

「私は半年間で、熊本のシングルマザーとして生活出来る為のお金を工面していました。離婚はそれからだと。もちろん離婚の時には精神的慰謝料ももらう予定でしたし、実際もらいましたしね。あと養育費も子供が20歳になるまで払い続けるという念書も書いてもらいましたよ」

浮気性は治らない!子供のためにも離婚は正しい選択

いまは2歳の子供と2人で、熊本で暮らしているというAさん。元旦那さんと連絡は一切取っておらず、彼からも子供に会わせて欲しいという言葉もないそうです。

Aさんが言うには、子供を連れて家を出てからも浮気相手とあの家で過ごしていたようです。1度電話した時、女性の声が聞こえたとの事。

浮気性というものはなかなか治るものではありません。ましてや子供の横で浮気をするような人は、一生そのままでしょう。

お子さんのためにも、別れて正解だったのではないでしょうか。

旦那の酷いDV…不安と恐怖に打ち勝ち離婚を決意したHさんの体験談

暴力を振るう旦那

Hさんは結婚してわずか1年で離婚してしまった女性です。周りからすれば「1年はさすがに短すぎなのでは…?」と思うかもしれませんが、その短さにはそれなりの理由があったのです。

「元旦那と知り合ったのは、職場関係の交流会でした。互いが提携している会社同士で年に1度懇親を深める目的で行われるのですが、そこで元旦那は未来のホープとして期待されていたんです。その人に接待するように言われたのが私と彼との出会いの始まりでした。」

懇親会がなければ出会う事がなかった2人ですが、出会った瞬間からお互いにひかれあったとの事でした。

「最初にアプローチしてくれたのは、元旦那の方からでした。連絡先を交換してから毎日のように連絡をしてくれてましたね。私も最初はとてもマメな人だなって思ったんです。そして何度もご飯に行くようになって、晴れてお付き合いからの結婚にまで至ったんです」

「でも結婚した瞬間、彼の態度は変わりました。今まで優しかった元旦那がまったく優しくなくなったんです。意味が分かりませんでしたね」

結婚してから元旦那の態度が急変してしまったと話すHさん。具体的にされた事まで話して下さいました。

「最初は暴言やそっけない態度から始まったんです。結婚前も料理は頻繁に作っていたんですが、その時は『おいしい!』って言ってくれていたんです。だけど結婚した途端に『まずい』やら『おふくろの味には程遠い』等言いたい放題でした。ご飯を作っても食べずにシンクの中に捨てるなんてざらだったんです。それでもあの優しかったあの人を忘れる事が出来なくてずっと我慢していました」

「でも半年が経ったころ、私は夕飯の事で元旦那から暴力を受けました。食べたいものを作ってくれなかったという理由だけで体中にあざが出来るほど殴られたんです。それはもう痛いなんてもんじゃありませんでした。私は身も心もボロボロになったし、同時にこれ以上ここにいたら何されるか分からないと思って実家に逃げたんです」

実家に逃げ込み、事なきを得たと思っていたHさん。しかし元旦那はHさんを逃がしてはくれませんでした。

「それからというもの、実家に毎日のように電話がくるようになったんです。ひどい時は実家の前までくる事もありました。実家には兄が2人一緒に住んでいたので、元旦那が入ってくる事はありませんでしたけど、もし1人っこだったらムリやり連れ戻されていたでしょうね。でも本当にしつこくて、毎日のようにメールで『愛してる』とか『お前しかいない』とか送られてきたんです」

「私にとってはもうその言葉が呪いにしか思えなくて。実家の両親はすぐに離婚を進めてくれました。だから私も元旦那の実家に連絡をして離婚届けを彼に書いてもらうように頼んだんです」

「それでも半年は離婚届けを書いてもらえませんでした。会社では良からぬ噂が飛び交うし、元旦那は被害者で私が加害者だったみたいな話も出てくるしで、とても辛かったです。だからその会社もすぐに退職していまの会社に移りました」

届いた離婚届には、元旦那からの最後の悪あがきがあったとHさんは話します。

「離婚届が入っていた封筒の中に、1通手紙が入っていて『俺は絶対にあきらめない、また再婚したくなるような人間になる!』と書かれていました。こっちからしてみればもう気持ちは冷めていますし、DVまで受けてる相手とよりを戻したいと思いません。最終的には裁判までいって、精神的慰謝料を沢山ふんだくってやりました。ざまあみろですよね」

スピード離婚なんて気にせずDVからは出来るだけ早く逃げる事が大切

Hさんの前の旦那さんはかなりタチの悪いタイプですが、Hさんの決断が早かった事、そして、実家のご家族が協力してくれた事で、大事になる前に無事離婚できたのでしょう。

結婚後わすが1年で離婚する事に罪悪感があった様ですが、DVは繰り返されるもので、支配者である旦那さんから離れる以外に止むことはありません。

心がボロボロになる前に逃げる決意をしたHさんの勇気が良い結果をもたらしたといえるでしょう。

まとめ

昨今、離婚はそこまで悪い事ではありません。熟年離婚等を選択する人が増えている事からも、結婚生活は何かと不自由が多いものなのです。確かに理想は一生添い遂げられるのが良いのかもしれませんが、自分の人生は1回限りの有限なものです。それをどのように使うかは、個々の自由でしょう。

今回体験談をお寄せいただいた方々は、元旦那への気持ちがきれいさっぱり冷めてしまったという理由で新しい1歩を踏み出しています。もしこれを読んでいる方で元旦那への気持ちが冷めてしまった人がいるのであれば、離婚を経て新しい生活をスタートさせてみても良いかもしれません。

ピックアップ記事

  1. 働きたくない人の心理&そんな人に向いてる稼げるオススメな仕事3選!
  2. ソルフェジオ周波数の効果は本物!432・528・963hzを紹介!
  3. 【潜在意識で恋愛成就】特定の相手と両思いになれた女性3人の体験談
  4. 瞑想とマインドフルネスは違う?デメリットは?本やセミナーは必要?疑問を解決
  5. 【潜在意識】199式とは?自愛アファメーションのよる潜在意識書き換え効果を解説!…

関連記事

  1. 憎悪

    未分類

    【旦那デスノートや呪いサイト】を私が絶対オススメしない5つの理由

    みなさんこんにちは。今回は旦那デスノートや呪いサイトをオススメ…

  2. 仲の悪い夫婦

    未分類

    【旦那が嫌いで仕方ない】離婚を決断する前に絶対やるべき準備6選!

    こんにちわ。今回は、離婚を決断したときに必要な準備についてお話…

  3. 子育てに疲れる

    未分類

    【子育てに疲れた‥やめたい】私がやったストレス解消法8選!!

    みなさんこんにちは。今回は潜在意識を活用したストレス解消法をテ…

  4. サラリーマンとお金

    未分類

    【旦那のお小遣い相場はいくら?】手取り20万〜所得&年代別平均データ!

    こんにちわ。今回は、旦那さんの所得とお小遣い相場をテーマにお話…

  5. ラブドール

    未分類

    【ラブドール詐欺とは】男性を狙った悪質な手口を体験談を元に暴露!

    みなさんこんにちは。今回は「ラブドール詐欺」をテーマにお話した…

  6. 名刺に怒る女性

    未分類

    【絶句】旦那が風俗に通ってた。離婚?妻がとるべき正しい対処法とは

    みなさんこんにちわ。今回は、旦那さんの風俗通いをテーマにお話し…

オススメ記事

  1. 瞑想
  2. ホ・オポノポノ
  3. 科学的な証明
  4. 婚約指輪を受け渡す男女
  1. お金がない女性

    ネットビジネス

    ネット起業で大失敗!借金地獄に陥った主婦のその後【失敗例体験談4選】
  2. 貯金箱と女性

    お金

    【お金持ち入門】超オススメの不労所得ランキングTOP20!!
  3. 結婚

    潜在意識体験談

    【潜在意識の書き換え】アファメーション例文付き!不倫や略奪愛から結婚した女性5人…
  4. 面接

    仕事

    【ブラック企業】求人情報や面接での見分けるヤバイ会社の特徴11選!
  5. 悩む女性

    お金

    ネットビジネスは稼げない?私がアフィリエイトや転売をオススメしない10の理由
PAGE TOP