イライラする夫婦

未分類

旦那にイライラしたら試して!経験者が語る共働きや育児の悩み対処法!

みなさんこんにちは。今回は「旦那へのイライラ」をテーマにお話したいと思います。

結婚当時は抱かなかったイライラも、仕事や育児の悩みから、いつしか旦那さんへ向かっていってしまい悩んでしまうものです。そんな悩みを感じたときに試して欲しい対処法を寄せられた体験談と一緒に紹介します。

「今日の夕飯なに?」の言葉にカチン!ときたT.Kさん

出迎える妻

T.Kさんは5ヶ月前に待望の第一子が誕生しました。

元々旦那様と同じ職場で働いていた事がきっかけでお付き合いが始まり、数年前に結婚まで至りました。当時の様子をT.Kさんは以下のように話して下さいました。

「結婚するまでの夫はとても優しくて、どんな事にも気が利く人でした。同じ仕事をしている同士だったから、会社の話とか愚痴も良く言い合ってお互いを支え合えてた感じだったんです。私はもう付き合ったころから『この人と結婚するんだろうな…』と思っていましたし。きっと夫もそう思ってたと思いますよ」

しかし結婚後、夫の粗悪な部分が顔をのぞかせるようになってからはTさんの心はイライラしっぱなしだったそうです。T.Kさんはその中でも特に印象に残ってしまっている事を話して下さっていました。

「とにかく細かい事にうるさいんです。私は彼と結婚しても当時の職場を辞める事はしなかったので、最初から夫婦共働きみたいな感じだったんです。でも仕事量の関係上、私の方が定時であがる事が多かったので、一緒に暮らし始めてからは仕事終わりに私が掃除、洗濯、ご飯をして夫の帰りを待つという毎日でした。それが問題なんですが、とにかく私への負担が大きい。だって仕事17時で終わらせてからそれから掃除洗濯炊事ですよ?ほぼ1日中働いているようなもんですよね。それなのに、夫は帰ってくるなり『掃除が行き届いてない』だの『飯、手を抜いてるんじゃないか』と言いたい放題。温厚と言われてきた私もさすがにイライラしますよね。そんな毎日がずっと続いたんです」

それから数ヶ月後、T.Kさんのお腹には新しい命が宿り、いままで細かい事でイライラしていた旦那様も優しくなったといいます。「子供が産まれれば夫も変わるかも…」と信じたT.Kさんでしたが、現実は甘くありませんでした。

「お腹が出始めて、いままでのように体を動かしづらくなってきたころだったと思います。急に夫が『夫婦会議をしよう』といい始めまして。その瞬間嫌な予感はしたのですが、案の定的中です。『妊娠が発覚してからというもの、掃除や洗濯を中心とした家事全般が適当になってきてる』と言われたんです。私は愕然としましたね。だってこっちは妊娠してるんですよ?意味分からないですよね?さすがの私も激怒しました。でもお腹の中の子供に聞かせるのは100%損だと思ったので、冷静に怒りました。と同時に、子供が産まれたら絶対に復讐してやろうって思いましたね。いまに見てろって感じでした」

その日から数か月後、T.Kさんと旦那様の間に待望の子供が産まれました。そして旦那様へのイライラ対処計画も実施されたと話します。

「出産後、退院する日になった瞬間ですよ。『今日の夕飯なに?』って言われたんです。イラっとしたんでずっと考えていた対処法を取りました。『今後、なにかあったと感じたらあなたの実家に帰らせていただきます。私は本当に呆れました』と伝えたんです。これは私が夫のご両親と仲良していたから出来た事ですけど、自分の実家に帰るよりも効果ありますよ。特に、夫は自分の親に自分の失態を知られるのを極端に嫌がってたんです。相手の嫌な事でかつ、恥ずかしくなるような方法で対処するのは私の中で基本です」

T.Kさんは当日、旦那様の実家に事情を説明して1ヶ月いさせてもらう事になったそうです。その後もTさんはイライラが溜まった時に行くようにしているとの事でした。

プライドが高い男性には自分の不備を人に知られたくない

T.Sさんの旦那様のように、家庭では大きな顔をしている男性は、往々にして、外では人格者のように振る舞っているものです。

このような男性はプライドが高く、外では理想的な男性を演じているため、実の家族であっても家庭内の本当の姿を隠したがります。

T.Sさんのように、旦那様の家族と仲が良いのなら、旦那様の実家に帰るというのも効果的です。

夫の子育て放棄にイライラし続けたI.Oさん

ダラダラする夫

I.Oさんの旦那様は、元々だらしなさがあったとの事。ただそのだらしなさは、結婚や出産で切り替わってくれると信じていたそうです。

「夫は元々、家は比較的汚いし、デートに行くにも面倒がって行かない、ゴミ出しすら面倒がるといった超絶ダメダメ人だったんです。私が彼のそんな部分に気づいたのは付き合った後でした。でもそれを含めても好きではあったので、我慢してたんですよね。しかも一緒に住んでいたわけではなかったのもあると思います」

付き合っている時は夫のだらしなさが気にならなかったというIさん。しかし、結婚や出産を経てからというもの、徐々にそのだらしなさや面倒くさがりの部分にイライラが募るようになってきたと話していました。

「まず、共働きでもあるにもかかわらず家事の分配は無しだったんです。どうしても忙しいから米だけでも炊いておいてって言っても面倒くさがってやってなかったり、今からお前がやればいいじゃん的な事も言うわけですよ。このご時世、まだこんな奴がいたんだって思いましたね。極めつけは子育ての全てを私に押し付けた事ですね。夜泣きをしても寝れないから落ち着かせてきてよとか、休日なのに子供の面倒も見ずにゴルフへ出かける。私のイライラメーターはもう振り切ってましたね。限界でした。だからイライラを少しでも抑える為に対処を考え始めたんです」

考えられるものの中で、最も夫に効果があって子供に一切迷惑を掛けない方法はなにかを模索し続けたというIさん。そして1つの対処法を思いついたとの事でした。

「私の場合は、子育てで手いっぱいでイライラして仕方ない時は旦那の世話を一切しないという事でした。旦那は私に甘えている。最後はいつも私が折れてやってくれると信じて止まないんだと思います。だからそこを逆手に取れば私のイライラは収まるんじゃないかと思ったんですよね。実際にやってみたんですけど、子供の世話だけするのってなんでこんなに楽なんだろうって思うようになりましたね。当然夫は私に全てやってもらってると勘違いしてましたから、当然ごと家の中にいるわけですよ。冗談じゃない、私だって疲れているんだからこれくらいしたって当然です。いまもこれは続けていますよ。会話はしますけど、夫に関係する家事は一切やらないと決めながらね」

その後、I.Oさんの旦那様は改心したようで、積極的に家事や子育てを手伝うようになったそうです。

家庭で何もしない男性は女性が優秀だから

I.Oさんの旦那様のように、家事も育児も手伝わない男性の特徴として、奥様、この体験談でいえば、I.Oさんが優秀だからこそ、旦那様が甘えてしまうといえます。

そのため、I.Oさんのように、「あえて何もしない」という判断をすることで、旦那様の成長を促して家事や育児への積極的な参加に繋げられます。

優柔不断な夫にイライラし、潜在意識を活用したS.Kさん

メニューに迷う

S.Kさんといまの旦那様は数年前合コンで知り合いました。お互いに好印象だったと話します。

「合コン中」ずっと2人で話してました。私は昔からずっと可愛くて頼りがいがある人が好きだったんです。いまの夫は頼りがいがありそうな可愛い人だったんでまさにドストライク。当時の彼も私に対して好印象だった事を教えてくれました。でも付き合ってからは彼の様子が一変したんです。いままでは即断即決だったように見えていたんですけど、自分から決めようとしないんです。全部迷ってしまう人でした。別に外食時のメニューに迷うくらいは可愛いもんでしたけど、一緒に住むマンションや結婚の事、子供の事はやっぱり彼に大丈夫って言って欲しいじゃないですか。でも彼にはそれがありませんでした。常に私に『本当にあんなすぐに決めて良かったのかな…もっと考えるべきだったんじゃ…』みたいな事を言うわけです。最初は慎重な人なのかもって思ってましたけど、だんだんこの人頼りないなと思えてきてしまいましたね」

結婚する前から頼りなさを実感してしまったというS.Kさん。しかし他に別れる理由はなかった為、「慎重すぎる旦那」と思うようにし、ずるずると結婚までしてしまったそうです。

「結婚した事自体は別に悪い事でもないし、嫌だったわけではなかったんです。ただ心配はかなりありましたね。もし家族が増えて大事な事を決めなきゃいけない時に、付き合ってた頃のように優柔不断になられたら困るなと。以前に比べて私もイライラする事が多くなってきたんで、これはなんか対策を練らないといけないなと感じました」

どうすればいいのか、必死に考えたと話してくださったS.Kさん。そこで思いついたのが、彼に自信をつけさせる事でした。活用したのはこのブログにも掲載されている潜在意識だったそうです。

「このブログを見る前に、私は心理学を習っていた事もあって潜在意識の事は知っていたんです。なんとかこの優柔不断すぎる夫に活用出来ないものかと考えた結果、アファメーションを毎日唱えてもらうようにしようと考えたんです。この事を夫に話したら当然嫌がられましたけどね。『私とこれから生まれてくる子供の為にも自分に自信くらいつけてよ』といったらやってくれました(笑)」

アファメーションで相手の潜在意識を書き換える

S.Kさんのようにアファメーションを旦那様に唱えさせて潜在意識を書き換えるのもおすすめの対処法です。

実際にS.Kさんが旦那様に唱えてもらったアファメーションは次の通りです。

  • 私、○○は家族に安心してもらえるくらいの自信と頼りがいがある男になれる!
  • 私、○○は些細な事でもすぐに正しい決断が出来るようになれる!
  • 私、○○は家族に安心してもらえるくらい強い夫になれる!
  • 私、○○は男として、夫として強くなれる機会がもてて幸せだ!

このように、自分を全肯定するポジティブなアファメーションを唱え続けることで、潜在意識が書き換えられて、自信がない旦那様であっても徐々に理想的な姿に変わっていきます。

「お前は何も出来ていないな」の言葉にイライラしたR.Sさん

腕組み

主婦に決して言ってはいけない言葉の1つ「家事だけでお前は何もしていないだろう、働いている自分の方が偉いんだ。このご時世、まだこんな事を言う人がいるのかと耳を疑ってしまいましたが、ブログに体験談をお寄せいただいたRさんはまさに先ほどの言葉通りの内容を言われたそうです。

「私には、結婚して7年目になる旦那がいます。元々旦那には亭主関白部分がありまして、ご飯は旦那が帰ってくるまでは食べてはいけない、休みの日は旦那の言うとおりにする、なにをするにも旦那が最優先といった事は日常茶飯事でした。夫の亭主関白な部分は結婚してから知った為、嫌だったとしても別れる事は出来ませんでした。しかも生活は何不自由なく遅れてましたし、良い家にも住んでいたので文句のつけようがなかったのです。でも私にとってはその亭主関白の部分がどうしてもイライラの対象になってしまってましたね。いくらなんでもちょっと時世に合わないなと」

亭主関白はこの時世に合わない。そう思いつつも旦那様に逆らう事が出来なかったR.Sさん。しかしいつまで経っても旦那様の亭主関白は治らうず、むしろエスカレートする一方だったそうです。

「結婚年数が増えていくたびに、いつのまにか彼の度が過ぎた態度が目に見えて分かるようになってきたんです。しまいには、残業の時、どんなに遅くなっても夫が帰ってくるまで妻は寝てはいけないとか言い始めたんです。さすがに体を壊すと抵抗したんですが、怒鳴り散らされて終わりました…。ちょっとその頃から洗脳されていくような感じになってきたのを覚えています。友人の誰に相談しても、『その生活はおかしい』と言われますし。ただ私は専業主婦だったし、旦那の事が心底期待だったわけではなかったので、なんとかその洗脳にも似た亭主関白にイライラせず、かつ負けない強い心を持ちたいと思っていました」

その時は突然訪れました。たまたま彼の帰りを待つ間に転寝をしてしまった時だったそうです。

「夫が帰ってきた事に気づかなかったんですよね。そしたら大声で『なに寝ているんだ!』と怒鳴られました。ちょっと転寝してただけなんですけどね。その後1時間の説教です。しまいには『お前はこの7年間、俺になにもしていない!』と言われイライラが頂点に達してあふれてしまいました。その時はもう近隣住民への配慮も気にせず、大きな声で喚き散らしましたね。夫もびっくりしてたと思います。次の日、私は夫に内緒で友人と高級ホテルへ食事に行きましたね。これが私のイライラ解消法です。今まで我慢して出来なかった事をこれからはイライラしたらすぐ実行しようと思います。旦那には絶対バレませんよ。旦那は私の預金口座の存在を知りませんから。家計には響かない程度にへそくりを貯めていたんです。イライラしたらそのヘソクリを使って思い切りストレス発散してやります。そっちが亭主関白で来るなら私もそれなりに強い態度で臨んでやる!って感じです」

趣味にお金を使うのもイライラ対策に効果的

R.Sさんのように、旦那様へのイライラ解消法として趣味にお金を使うというのもおすすめです。このように趣味によってストレスを解消する手段は、「心理学」における昇華の一種といえます。昇華とは、目標や葛藤が満たされないことから、趣味において自己実現を図ろうとする行動です。

ストレスを溜め込んでしまうと、心身へ影響を及ぼす可能性があるため、R.Sさんのように趣味で昇華するようにしましょう。

まとめ

家族といっても所詮は赤の他人です。100%マッチング出来る相手等いないのですから、イライラするのは至極当然でしょう。ただ先述したようにそのイライラをずっと抱え込んでしまうのは決してやってはいけません。今回体験談をお寄せいただいた方々は、皆さん独自のイライラ解消法をお持ちでした。この記事を読んでいる絶賛イライラ中の人も、自分に合った自分だけのイライラ解消法を見つけておきましょう。そうすれば、旦那へのイライラも少しはおさまるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 【不幸続き】悪い事やイヤな事が続く人の原因6つと具体的な解決策!
  2. 《夢占いより当たる心理診断!》学校の夢を見る意味55選!(サボる・階段・遅刻・先…
  3. ネット起業で大失敗!借金地獄に陥った主婦のその後【失敗例体験談4選】
  4. 【正しい瞑想でリラックス効果倍増!】気持ちいい瞑想が出来るようになる5つのコツ!…
  5. シングルマザーのお金や就職の悩み解決には資格取得よりも潜在意識の活用!

関連記事

  1. 仲の悪い夫婦

    未分類

    【旦那への気持ちが冷めた】離婚?別居?経験者が語る体験談3選!!

    みなさんこんにちは。今回は旦那さんへの気持ちが冷めた瞬間や出来…

  2. 激怒する女性

    未分類

    【旦那死ね、殺したい!】呪いよりも100倍人生を豊かにする方法!

    みなさんこんにちは。今回は旦那を呪うのではなく、潜在意識を活用…

  3. 子育てに悩む母親

    未分類

    【育児中ママにオススメ】子育てのイライラを解消する方法4選!!

    みなさんこんにちは。今回は、潜在意識を活用した子育てのイライラ…

  4. 憎悪

    未分類

    【旦那デスノートや呪いサイト】を私が絶対オススメしない5つの理由

    みなさんこんにちは。今回は旦那デスノートや呪いサイトをオススメ…

  5. ラブドール

    未分類

    【ラブドール詐欺とは】男性を狙った悪質な手口を体験談を元に暴露!

    みなさんこんにちは。今回は「ラブドール詐欺」をテーマにお話した…

  6. サラリーマンとお金

    未分類

    【旦那のお小遣い相場はいくら?】手取り20万〜所得&年代別平均データ!

    こんにちわ。今回は、旦那さんの所得とお小遣い相場をテーマにお話…

オススメ記事

  1. 家計
  2. 一軒家を持つ女性
  3. 5万円を持つ女性
  4. 大金を手にした人
  5. 子供乗せ自転車
  1. 独立起業

    女性でも起業すれば年収1億円も夢じゃない!儲かる仕事TOP10!
  2. OKサインをする女性

    お金

    【お金を増やす】にはお金に働いて貰う方法を知る必要な5つの理由!
  3. 結婚したカップル

    アファメーション

    【潜在意識】特定の相手との恋愛を叶えるアファメーションの例文7つ!
  4. 花と女性

    インナーチャイルド

    【インナーチャイルドは自分で癒せる】1日3分!潜在意識克服方法!
  5. 指輪を外す

    シングルマザー

    【シングルマザー】離婚して幸せを掴んだ女性3人の成功例体験談!
PAGE TOP