ケーキを我慢する女性

ダイエット

引き寄せの法則ダイエット!食事制限無しで痩せる驚愕の効果とやり方!

みなさんこんにちは。今回は食事制限無しで痩せられる引き寄せの法則ダイエットをテーマにお話したいと思います。

ダイエット本やダイエットサイト等で紹介されている方法の大半は「食事制限する」「運動する」の2つで構成されています。しかし、食事制限は食べる事が好きな人にとっては大変な苦痛ですし、普段から体を動かす習慣がない方にとって、運動は負担がかかります。そのせいか、ダイエット=辛いもの、苦しいものというイメージが強く、始める前から挫折してしまう方も少なくありません。

実は私も以前、ストレスから体重が増加してしまった時、無理な食事制限をしたり、ハードな運動に励んだりした経験があります。確かに短期間で3kg痩せましたが、厳しいダイエットの反動で甘い物を沢山食べてしまい、結局元通りに…。そんな私でも、引き寄せの法則ダイエットを実践したら、無理なく余分なぜい肉を落とす事に成功しました!

今回は引き寄せの法則ダイエットとはどんな物なのか、どのようなやり方なのか、そしてどういった効果が期待出来るのか、私自身の体験談も交えて紹介します。

潜在意識がダイエットの概念を覆す!引き寄せの法則ダイエットの効果

引き寄せの法則ダイエットのポイントはただ1つ、潜在意識の書き換えに取り組む事です。たったそれだけの方法で、どんな効果やメリットがあるのか、一般的なダイエットと比較した違いを見ていきましょう。

ストレスを溜めずに痩せられる

深呼吸する女性

ダイエットの一番の天敵と言えばストレスです。好きな物を好きなように食べられない、お腹が空いていても我慢、きつい運動を毎日続ける等、想像しただけでもストレスを感じる事ばかりです。

実際、私もダイエットをしている時は常にイライラしている事が多く、仕事でミスをしてしまったり、誰かに八つ当たりしてしまったりと、日常生活に支障が出ていました。

一方、引き寄せの法則ダイエットでは「辛い」「苦しい」と言った概念はありません。「食べてはいけない」「運動しなければいけない」等の強迫観念に囚われる心配もありませんので、常に心穏やかでいられます。

美容や健康を損ねずに済む

無理な食事制限をしたり、ハードな運動を行ったりすると、体重が落ちる代わりに美容や健康を損ねてしまう恐れがあります。

例えば私はローカロリーなこんにゃくだけを食べ続ける「こんにゃくダイエット」にチャレンジした事がありますが、こんにゃくには便秘解消に役立つ食物繊維は含まれているものの、タンパク質や脂質、糖質はほとんど含まれておらず、全体の9割以上が水分で出来ています。

当然人が生きていく為に必要な栄養素が不足してしまう為、数日続けていたら疲労感や無気力、貧血等の症状が出やすくなったり、皮膚や髪の状態が悪化したりしました。せっかく体重が落ちても肌や髪が荒れていては見た目が悪くなりますし、仕事や家事にも差し支えます。

一方、引き寄せの法則ダイエットでは特定の物を食べ続けたり、あるいは全く食べなかったりするような、体に負担のかかる方法は一切行いません。美容や健康を損ねず、むしろ髪や肌もダイエット前より綺麗になっていき一石二鳥です。

体重減とボディシェイプを同時に実現出来る

腹筋

ダイエットは大きく分けて「体重減」と「ボディシェイプ」の2種類があります。単純に摂取カロリーを減らせば体重は落とせますが、くびれやヒップアップを望むのなら筋トレを併用する必要があります。

つまり一度に2種類以上のダイエット方法を実践しなければいけないのですが、引き寄せの法則ダイエットならこれ1つで体重減もボディシェイプも可能です。あれもこれもと試さなくて良いシンプルなダイエット方法なので、初めてダイエットにチャレンジする方にもおすすめです。

ポイントは5つ!潜在意識を活用した引き寄せの法則ダイエットのやり方

引き寄せの法則ダイエットの効果がわかった所で、具体的なやり方をご説明します。今日からすぐにでも始められるダイエット方法なので、痩せたいと思っている方は早速チャレンジしてみましょう。

痩せた後の自分を具体的にイメージする

引き寄せの法則ダイエットでまずやる事は、痩せた後の自分をイメージする事です。イメージは具体的であればある程効果的なので、脳内で想像するだけではなく、写真のように視覚ではっきり認識出来る物を用意するのがおすすめです。

モデルさんの切り抜き等でも良いのですが、引き寄せの法則ダイエットでは、写真に写った人を目標にするのではなく、あくまで「理想のスタイルを手に入れた自分」をイメージする為の道具として使用します。

その為、私は痩せていた頃の自分の写真を引っ張り出してきて、毎日見る鏡に貼り付けました。そして毎日痩せていた頃の自分の写真をじっと見つめて、「私がなりたいのはこの時の私!」とひたすら頭にたたき込みました。

さらに、痩せていた頃の体の動きや、当時着ていた服等を思い出して、ダイエットに成功した後の自分の姿をよりはっきりイメージするようにしました。このイメージを頭の中で何度も反芻してから、次のステップに進みます。

アファメーションで痩せた自分を当たり前の姿だと認識させる

スリムな体

痩せた後のイメージがはっきりしたら、潜在意識を書き換える為のアファメーションを行います。

定番の方法はノートに願望を書き連ねていく断言法で、10~15回を目安にダイエットの願望を書き込んでいきます。私の場合はあと5kg痩せたかったので「私は5kg減量します」と毎日15回書き続けました。

そうすると、現実にはまだ痩せていなくても、何だか体が引き締まってくる気がするから不思議なものです。もちろん体重減だけでなく、「私はウエストが60cmになる」等の願いでも良いのですが、注意したいのは「私は沢山食べても太りません」のような否定型の願望を書かない事です。

潜在意識は否定型を理解出来ませんので、「沢山食べても太りません」というキーワードは「沢山食べると太る」と言うイメージに繋がってしまいます。仮に、痩せた後にスタイルをキープしたいのなら、「私は沢山食べても太りません」ではなく、「私は沢山食べても今のスタイルを維持出来ます」とするのがベストです。

アファメーションと痩せた後の自分のイメージを合わせれば、脳は「痩せた自分」を当たり前の姿であると認識し、現実の自分があるべき姿になれるよう、フル稼働を始めます。その結果、食べ過ぎがぴたりと止んだり、体を動かす事が好きになったりして、気付けば脳内でイメージしていた理想のスタイルが現実の物となります。

一般的なダイエットとの違いは、食事の量を減らしたり、運動したりする事に対して抵抗力を感じない所です。私達の意識は自覚のある「顕在意識」と、普段は水面下にある「潜在意識」の2つに分かれていますが、全意識の9割以上は潜在意識に占められており、顕在意識はわずか1割以下に留まっています。

その為、顕在意識がいくら「食べちゃだめ」「動かなきゃだめ」と制しても、潜在意識が「食べたい」「動きたくない」と言うメッセージを送っていれば、簡単に屈してしまうのです。逆に潜在意識が「食べ過ぎるな」「運動しろ」と言うメッセージを送っていれば、何の抵抗もなく食事の量を制限出来ますし、進んで運動を始められるようになります。

私はかつて辛い食事制限とハードな運動を重ねてストレスが溜まり、ダイエットに失敗してしまった経験があると言いましたが、引き寄せの法則ダイエットを実践している時は、普段よりカロリーを抑えたり、積極的に体を動かしたりしても一切ストレスを感じませんでした。それどころか、後から思い返して「そういえば甘い物をあまり食べなかったし、よく体を動かしていたかも」と気付いたくらいです。

そのくらい、当時の私にとってはカロリーカットや適度な運動が「当たり前」の事になっていたのだと思います。「辛い」「苦しい」と言った負の感情は一切なく、ダイエットに必要な事を当たり前のように実践出来るのが引き寄せの法則ダイエットの真髄なのです。

ネガティブな感情を寄せ付けないようにする

引き寄せの法則は上手に活用すれば自分にとってプラスになる物・事を引き寄せる事が出来ますが、逆に自分にとってマイナスになる物・事を引き寄せてしまうリスクもはらんでいます。ポジティブな考えや気持ちを持っていれば、良い事や嬉しい事が舞い込んできますが、ネガティブな意識を抱いていると連鎖反応で悪い結果を引き寄せてしまうのです。

例えばダイエットを始めた頃、私は毎日体重を測定していました。それがダイエットの基本だと思っていたからですが、そもそも人の体重は1kg程度なら簡単に前後するものなので、体重計に乗っては一喜一憂の繰り返しに…。せっかく頭に叩き込んだ「痩せている自分」のイメージもぐらつきそうになったので、思い切って体重計に乗るのをやめました。

そうしたら体重計の数字に惑わされる事もなくなり、理想の自分のイメージもはっきり持ち続けられるようになりました。あくまで私個人の意見ですが、引き寄せの法則ダイエットを実践する時はダイエット前に一度体重を測って、後はダイエットが終了するまであえて体重計には乗らずにいた方が良いかもしれません。実際の体重に関係なく、自分は目標体重の持ち主だと思い込んでいれば、「自分はスリムな体型を維持出来ている」と言うポジティブな意識のまま日々を過ごせるようになり、引き寄せの法則ダイエットの効果もアップすると思います。

食事をする時、感謝の気持ちを忘れない

和食

ダイエット中は食べる事に対する抵抗感や罪悪感を抱いてしまいがちですが、それは食べる=太ると言うイメージが潜在意識に刷り込まれている為です。その為、ダイエット中はローカロリーなダイエット食を食べる事が多いのですが、栄養が偏ってしまう可能性が高い上、ストレスが蓄積して暴飲暴食に走るおそれがあります。

引き寄せの法則ダイエットではネガティブな意識を抱くのは厳禁ですので、まずは食べる=太ると言う概念をなくしましょう。それには、食事に対して毎回感謝の気持ちを抱く事が大切です。

私の場合、食事をした後は必ず「美味しいご飯が食べられました、ありがとう」「お腹がいっぱいになって満たされました、ありがとう」等、食べる事に対して常に感謝の気持ちを抱く事を心掛けました。

すると、食べる事に対する罪悪感や抵抗感が薄れ、食べる=太ると言うネガティブな気持ちも次第になくなっていきました。さらに一歩進むと、食べても太らない→食べても痩せていると言うポジティブな発想に繋がっていったのです。

この頃には体重計に乗るのをやめていたので、実際にどのくらい痩せたのか数字ではっきり確かめる事は出来ませんでしたが、普通に食べているつもりなのにキツキツだったスカートのファスナーがするっと上がるようになったので、引き寄せの法則ダイエットの効果は着実に上がっていたと思います。

小さな変化を取り入れて、ホメオスタシスを乗り切る

停滞期

一度でもダイエットに挑戦した事がある人なら、「ダイエット停滞期」と言う言葉を見たり聞いたりした事があるかと思います。

食事制限で摂取カロリーを抑え、運動する事で消費カロリーを増やすと、徐々に体重が減っていきます。これまで太りやすい生活(暴飲暴食、運動不足等)を送って来た人程、ダイエットの効果は現れやすく、最初は面白いくらい自分の体が痩せていくのを実感出来るでしょう。

しかし、ある時を境に、順調だった体重の減少がぴたりと止まってしまいます。さらに食事の量を減らしたり、運動量を増加させたりしても変化が現れず、パニックに陥ってしまう人も多いようです。

何を隠そう、私もこのダイエット停滞期の壁に当たったのがストレス爆発の原因でした。人は努力した事に対してそれなりの結果を求めてしまうので、頑張ったのに痩せない現実にヤケを起こしてしまったのだと思います。

実はこの現象はトラブルでも何でもなく、人間が元々持ち合わせているホメオスタシスによるものです。ホメオスタシスとは、生物が内部環境を一定の状態に保つ仕組みの事で、別名「恒常性」とも呼ばれています。人を取り巻く環境は常に変化していますが、体温や血糖値、血液酸性度等が外部の環境に関わらず常にほぼ一定を保っていられるのは、ホメオスタシスが働く為です。

人の生命活動を維持する為になくてはならない機能ですが、ダイエットによって短い間にどんどん体重が減っていくと、このホメオスタシスによって体重が変動しにくくなってしまうのです。それどころか、元の状態に戻ろうとする力が働く為、ダイエット停滞期に挫折して暴飲暴食してしまうと、私のようにあっと言う間にリバウンドしてしまうと言う訳です。

引き寄せの法則ダイエットでも当然、体重が減少していけばホメオスタシスが働きますが、そもそも無理な食事制限等は行わないので、体重の減少は比較的緩やかです。変化が小さい場合、脳も「この位なら体に支障はない」と認識し、ホメオスタシスの影響も受けにくくなります。

ただ、引き寄せの法則ダイエットを実践する場合は、潜在意識の書き換えによって起こるホメオスタシスに注意する必要があります。潜在意識は大きな変化を嫌うと言われていますが、それもホメオスタシスによるもので、潜在意識を書き換えようとすると思わぬ「反撃」に見舞われる事があります。

症状は人によって様々ですが、だるさや疲労感、頭痛等の体調不良が起こったり、イライラや無気力、不安、恐れと言った精神的な不調が現れたりするケースが多いようです。心身の不調によって潜在意識の書き換えを続ける事に不安を感じる方もいるかもしれませんが、ホメオスタシスが働くのは書き換えが上手く行っている証拠でもあります。そこで諦めたりせず、根気よく引き寄せの法則を続けていけば、やがて脳が変化を受け入れ、潜在意識の書き換えが一段と進むでしょう。

ちなみに普通のダイエットではホメオスタシスで挫折してしまった私ですが、引き寄せの法則ダイエットでは予めホメオスタシスの予防行動を取っていました。それは、日々の生活に小さな変化を取り入れていく事です。

例えば出勤する時にいつもとは違う道を通る、これまで入った事のないお店でランチをする等、普段はしない事を日々取り入れていくと、脳が変化に慣れ、ホメオスタシスが起こりにくくなります。実際、引き寄せの法則ダイエットではホメオスタシスに負ける事なく、無事に写真の頃のスタイルを取り戻す事に成功しました!

まとめ

今回は食事制限無しで痩せられる引き寄せの法則ダイエットについてご説明しました。引き寄せの法則ダイエットなら、痩せる為の行動は辛くも苦しくもなく、普通の生活を送っているだけでスリムな体型を手に入れる事が出来ます。

過去の私のように、無理な食事制限やハードな運動に挑戦してダイエットに挫折した方や、リバウンドに苦しめられてきた方は、今回ご紹介した方法を参考に、是非今日から引き寄せの法則ダイエットにチャレンジしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【お金持ち入門】生活習慣を変えるだけ!お金に好かれる体質になる方法!
  2. 【最強マウンティング男対策】彼らの心理や特徴7つと職場での対処法!
  3. 【瞑想と潜在意識】潜在意識の書き換えに瞑想やアファメーションが効果絶大な理由3つ…
  4. 【正しいお金の使い道】貧乏な人とお金持ちで全然違うお金の習慣15選!!
  5. 【1日10秒】マインドフルネス瞑想を続け感じた驚くべき5つの効果!!

関連記事

  1. ダイエット

    食べても痩せる!40代で食事制限無しでダイエットに成功した体験談5選!

    みなさんこんにちは。今回は潜在意識を使ったダイエットというテー…

  2. ダイエット成功

    ダイエット

    【痩せる!】ダイエットに効果的な潜在意識アファメーション例文60選!

    みなさんこんにちは。今回は『ダイエットに効果的なアファメーショ…

  3. ダイエット

    【マインドフルネス瞑想】ダイエットにも効果!寝ながら出来る瞑想法!

    みなさんこんにちは。今回は寝ながらでも出来るマインドフルネス瞑…

オススメ記事

  1. 大人と子供
  2. お金に好かれる体質
  3. 退職届を出す
  4. 暗いパソコン
  5. 物を捨てられない人
  1. 夕日

    名言格言

    【言霊】効果抜群!幸せになる幸福を呼び込む魔法の言葉&名言12選!
  2. 子育てに疲れた女性

    潜在意識体験談

    【子育てに疲れ死にたい】と願っていた私を救ったのは潜在意識でした
  3. 募金活動

    情報商材と詐欺

    【〜ちゃんを救う会は嘘?】実際にあった死ぬ死ぬ詐欺の手口を暴露!
  4. マウンティング女子

    人間関係

    【最強マウンティング女子対策】心理や特徴6つと職場での対処法!
  5. 笑顔の赤ちゃんとお母さん

    シングルマザー

    シングルマザーでも恋愛出来る!潜在意識を活用し恋愛対象になる方法!
PAGE TOP