瞑想

マインドフルネスは効果がないと感じた人にオススメ!寝ながら出来る瞑想法!

みなさんこんにちは。今回は寝ながら出来る瞑想法をテーマにお話したいと思います。

マインドフルネスをやってみたけど、あまり効果を感じられなかったという方がいます。その理由は様々挙げられますが、通常のマインドフルネスで効果を感じられなくても、あなたが悪いわけではなく単に合わなかっただけの事。

瞑想は、自分に合ったやり方を見つけて楽に行うのがオススメです。効果を感じられない状態で苦痛が伴ってしまうと、潜在意識が否定的な情報に書き換えられてしまうからです。

潜在意識に関するワークは、楽に出来る事を選ぶのが基本です。

ここでは、通常のマインドフルネスで効果がないと感じた人に役立つ、寝ながら出来る瞑想法について紹介しています。是非試してみて下さい。

寝ながら出来る瞑想法とは姿勢に拘らなくて良い瞑想法の事

寝ながら出来る瞑想法というのは、座ってやらなくてもいい瞑想法の事です。本格的な瞑想は、お坊さんが結跏趺坐(けっかふざ)の姿勢で何時間も座ってするイメージがありますが、必ず座らなければならない決まりはありません。

瞑想法によっては、座ってやる必要があるものもありますが、寝ながらでも潜在意識の効果に期待出来る方法はあります。私達が行う瞑想は修行ではありませんので、気軽に出来るものを選んで継続する方が、潜在意識に良い影響を与えられます。

寝ながら出来る瞑想法なら楽な姿勢で継続出来るから潜在意識も書き変わる!

寝ながら出来る瞑想法なら、座ってやる瞑想法よりも楽な姿勢で出来ます。椅子や床に座る事に苦痛を感じる人は、寝ながら出来る瞑想法の方がリラックス出来て、集中して取り組めるのが魅力です。

寝ながら出来る瞑想法を選ぶメリットは、主に3つあります。

1つ目は、寝ながらの姿勢なら誰でもリラックス出来る点です。座った姿勢だと集中出来ない方もいますが、寝た状態の姿勢に苦痛を感じる人は少ないでしょう。苦痛のない姿勢なら、集中もしやすくなります。

2つ目は、寝る前や朝起きた時に瞑想をすると決めれば、既に寝た状態になっているので、スムーズに始められる点。

3つ目は、腹式呼吸等をする際も寝た状態の方がやりやすく、瞑想の初心者にもコツがつかみやすいことです。

このように、寝ながら出来る瞑想法は、簡単で負担が少なく、初心者向きかつ継続しやすいのが魅力といえます。

すぐに眠ってしまう事もある為強い意志を持って行う必要がある

睡眠

寝ながら出来る瞑想法にも、残念ながらデメリットがあります。それは、すぐに寝てしまう可能性がある点です。寝た状態は、非常にリラックス出来て気持ち良いですが、本当に眠ってしまったら瞑想になりません。

また、起きていられたとしても、瞑想に集中しなければ瞑想した事にはなりません。瞑想をするという意志がなければ、「気持ち良かった」というだけで終わってしまう事もあります。

これらのデメリットを回避するには、強い意志で瞑想を行う事が重要です。瞑想をする目的を改めて考え、動機づけのワーク等と合わせてやると良いでしょう。

寝ながら出来て潜在意識が書き変わる3つの瞑想法

寝ながら出来る瞑想法で潜在意識が書き換わる方法を3つご紹介します。やる事は簡単ですが、潜在意識への効果はとても大きなものです。

呼吸を1から10まで繰り返し数えるサマタ瞑想法

メトロノーム

呼吸を数える瞑想のやり方があります。サマタ瞑想といい、リラックスした状態で呼吸をカウントしていきます。1から10まで数えたら、再び1に戻り、数え直すという事を繰り返すのが基本です。

呼吸を数える瞑想をする時は、息を吐く時に「い~~~ち」というように、カウントしていきます。このように息を吐く時の時間全部を使ってカウントする事で、意識が別の事に移りにくくなり、自然に腹式呼吸が出来るようになります。

最初は、呼吸をカウントする時のリズムが取りにくい事もありますが、やっていくうちに慣れてしまうでしょう。どうしても呼吸をカウントするリズムが取れない時は、メトロノームのアプリ等を使ってやってみて下さい。また、眠ってしまいそうになったら、目を少し開けた半眼(はんがん)の状態ですると、眠気を覚ます事が出来ます。

瞑想をする時間に決まりはありませんが、10分~15分もすれば十分に潜在意識を浄化する効果があります。寝ながら呼吸をカウントする瞑想をするなら、まずは、1週間継続する事を目標にしましょう。

願望をイメージングするだけでも潜在意識は書き変わる

潜在意識の浄化やリラックス効果よりも願望を実現したい時は、寝ながら願望をイメージングしてみましょう。瞑想は、本来、目を閉じた状態で想いを巡らす事ですので、目を閉じて願望実現した状態をイメージするだけでも瞑想になります。

願望をイメージする時のコツは、達成した状態が今起こっているかのように感じる事です。「試験に合格する」というのが目標なら、合格発表の掲示板の前で自分の受験番号が表示されている場面をリアルにイメージします。

願望をイメージする瞑想は、アファメーションと同様の効果があります。アファメーションは、言葉を唱えて未来をイメージしますが、この瞑想は、直接イメージとして未来を見るものです。

願望が実現するかどうかは、臨場感をもってイメージ出来るかどうかにかかっています。なりたい未来をしっかりと考えてからの方がイメージしやすくなります。願望が実現した様子を紙に書き出し、未来のイメージが固まってから、願望をイメージする瞑想を試して下さい。

マインドフルネスをもう一度試す際には寝ながら行ってみる

寝転がる女性

マインドフルネスをもう一度やってみようと思う時は、少しアレンジして寝た状態でする方法を試してみて下さい。マインドフルネスは座って目を閉じて行うのが基本ですが、寝ながらしてはいけないという決まりはありません。

マインドフルネスの目的は、意識を今この瞬間(呼吸等)に向けて、潜在意識のネガティブなセルフトークから解放される事にあります。呼吸や全身の状態に意識を向けるのは、寝ながらでも出来る事です。

寝ながらマインドフルネスの瞑想をする時は、目は少し開き、視界に気が散るような物が無い状態で行うのがやりやすいでしょう。目を閉じた状態でマインドフルネスをすると眠くなりがちですし、かといって目を大きく開いてしまうと、意識が周囲の物に移りやすくなってしまう為です。

寝ながら出来る瞑想を眠る前に行って潜在意識を浄化する!

寝ながらする瞑想は、眠くならないようにする為、タイミングとしては出来れば眠る直前は避けた方が良いと言われています。しかし、布団に入ってから寝入るまでの時間を有効に活用する為、眠る前にこうした瞑想法を行うのも、潜在意識を浄化する為にはオススメです。

眠る前なので、短時間でリラックス出来る方法と、短時間で出来る瞑想法をご紹介します。

寝る前の瞑想の準備としてシャバーサナのポーズをするのがオススメ!

屍のポーズ

シャバーサナというのは、ヨガで行われるポーズの1つです。究極のリラックス出来るポーズとして有名ですが、シャバーサナの意味は「屍(しかばね)」。魂が抜けた亡骸(なきがら)のように全身の力を抜く事が出来ます。

シャバーサナのポーズを取るには、仰向けの状態で横になり、両足は肩幅程度の広さに開きます。両腕は、体と30度位になるように開き、手の平を上に向けた状態にします。この状態で全身の力を少しずつ抜いていくと、シャバーサナのポーズが完成します。

本来のやり方では、目を閉じて腹式呼吸をしますが、寝てしまうといけないので、目を開けて腹式呼吸をした方が良いでしょう。

寝る前に慈悲の瞑想をして潜在意識を静める

シャバーサナのポーズでリラックス出来たら、寝る前の瞑想を行います。

寝る前に出来る瞑想としては、慈悲の瞑想がオススメ出来ます。慈悲の瞑想は、自分を含め、全ての人の幸せを願う祈りのような瞑想です。寝る前にイライラしたり悩んだりしている事があるかもしれませんが、そういう時に効果があります。

私達人間は、悩んでいる時は必ず自分の事しか考えていません。自分以外の他人の幸せを考えながら悩む事は出来ませんので、慈悲の瞑想をすれば、すぐにネガティブな感情から解放されます。ネガティブな感情のまま寝てしまうのは潜在意識的に非常に危険なので、寝る時に悩んでいる事に気づいたら、是非やってみて下さい。

アファメーションも目を閉じて行えば瞑想になる

夢や願望がある方なら、寝ながら目を閉じてアファメーションの文を唱えるといった瞑想法が効果的です。アファメーションを唱える時のポイントは、子守唄のように繰り返し唱えて、唱える度に潜在意識が書き換えられていくのをイメージする事です。

ただし、アファメーションを唱えた時に、臨場感が高まり過ぎて興奮してしまうようでしたら、他の瞑想法に切り替えて下さい。あまり寝る前に興奮してしまうと、眠れなくなる事があります。

寝る前にその日感謝出来る事を思い出す事も瞑想になる

ベッドに入る女性

感謝ノートを付けている方もいると思いますが、寝る前に「今日一日で感謝出来る事」を思い出すだけでも、潜在意識に効果がある瞑想になります。寝る前は、潜在意識が書き換わりやすい状態になっているので、感謝出来る事を思い出す度に「自分は幸せだ」「嬉しい」といったポジティブな情報を送る事が出来ます。

この瞑想法は、毎日継続すればするほど、幸福感に包まれていく事が分かるようになります。感謝出来る事を「自分はすごい」と思える事に変えれば、自己肯定感を上げていく事も可能です。自分なりにアレンジが出来ますので、興味のある方は試してみて下さい。

マインドフルネスに潜在意識を書き換える効果がないと感じる理由5つ

マインドフルネスの効果を感じられない理由は、主に5つ考えられます。効果が感じられなかった原因を特定すれば、寝ながら出来る瞑想法を行う時の改善に役立つ事もあります。

マインドフルネスのやり方を間違えている

まず、マインドフルネスのやり方を間違えていると、残念ながら効果を感じる事は出来ません。基本的には、「呼吸に意識を向ける」という事をしているだけですが、意識を向けるという事の解釈を間違えている場合があります。

例えば、呼吸に意識は向いているけど、他の事にも意識が向いている場合があります。また、「呼吸の事を考える」事が意識を向ける事だと思い込んでしまっている場合もあります。

呼吸に意識を向けるとは、呼吸以外の全てを意識から無くしていく事です。徹底的に呼吸に意識を向けていると、やがて呼吸との一体感を得られるようになります。この一体感を味わえるようになって初めて「呼吸に意識が向いている状態」といえます。

最初は難しいかもしれませんが、練習していると出来るようになりますので、もう少し継続してやってみるのもオススメです。

マインドフルネスだけで夢が叶うと思っている

マインドフルネスには、心を落ち着ける効果や、潜在意識がネガティブな情報に書き換えられるのを防ぐ効果があります。しかし、マインドフルネスをしていれば、それだけで夢が叶うというものではありません。夢を叶える為には、アファメーション等の潜在意識ワークも併せて行う必要があります。

マインドフルネスで心を落ち着いた状態にして、アファメーションで未来のイメージを描き込む、というのが基本です。もし、マインドフルネスだけで夢をが叶うと考えていたなら、アファメーションを併せて行うのがオススメ。マインドフルネスで心がリラックスした状態になっていれば、アファメーションの効果も大きくなるはずです。

継続してマインドフルネスをしていない

カレンダー

マインドフルネスは、1回やれば必ず効果が現れるものではありません。僅か1回で効果を体感出来る場合もありますが、通常は、1ヵ月程度マインドフルネスを継続した時に効果を感じるようになるものです。

もし、マインドフルネスを数回しかやっていないなら、もう少し継続してやる事をオススメします。継続すればするほど、日常生活での意識も「今」に向くようになり、過去や未来に囚われる事が無くなっていきます。1回でする時間は10分~15分程度で構いませんので、毎日行う習慣にしてみて下さい。

気持ちが楽になったと効果を感じるのに少し時間が掛かるかもしれませんが、潜在意識に良い影響を与えていると考えて、1ヵ月は頑張って続けてみましょう。

集中出来る環境が整っていない

マインドフルネスや瞑想をするにあたって、環境は重要です。部屋が散らかっていたり、周囲の音が気になったりしているようだと、集中する事は出来ないからです。もし、マインドフルネスを集中してやる環境がないなら、屋外で歩くマインドフルネスをしたり、セミナーに参加したりするのもオススメです。

また、潜在意識を浄化したり、心を鎮めたり出来るのは、マインドフルネスや瞑想だけではありません。言霊やマントラを何度も唱える、紙に書き出すワークをやってみる、という事も考えてみて下さい。

日常的にネガティブな言葉を選んでしまっている

マインドフルネスは、習慣にして継続した方が良いと説明しましたが、これは、普段の生活でストレスを受けたり、否定的な感情になってしまう事が多いからです。定期的にマインドフルネスをしていれば、ネガティブな感情をリセットする事にもなり、ネガティブに傾きにくくなります。

ただし、自らネガティブな言葉を選んで話していると、マインドフルネスの効果よりもネガティブな言葉を選ぶ悪影響の方が大きくなってしまいます。

仕事等でストレスを受けるのは仕方がありませんが、自分が選ぶ言葉が悪いせいで、マインドフルネスの効果を受け取れないのは勿体ない事です。出来るだけポジティブな言葉だけを使うようにして、潜在意識を汚さないように気を付けましょう。

まとめ

瞑想と聞くと厳かな雰囲気の寺院やお坊さんをイメージするかもしれませんが、気軽に取り組んでも、何の問題もありません。仰向けに寝て出来る瞑想なら、寝ながらやっても基本的には大丈夫です。ただし、寝ながら出来る瞑想をして、すぐに眠ってしまうようでしたら、対策を考える必要があります。

マインドフルネスに効果を感じられなかったとしても、寝ながらする瞑想なら効果を体感出来るという事もあります。色々な瞑想法を試してみて、自分に合った方法を見つけるようにして下さい。

ピックアップ記事

  1. 【言霊】自分を180度変える魔法の言葉!偉人達の名言【永久保存版】
  2. 【潜在意識】必見!100%必ずお金に好かれる人の習慣5つとお金に嫌われる人の習慣…
  3. 潜在意識に働きかける!簡単に意識が変わるアファメーションの例文29個!
  4. 【潜在意識の達人】正しい潜在意識の浄化(クリーニング・クリアリング)方法!!
  5. 【今すぐ願いが叶うおまじない】を求める人は絶対幸せになれない3つの理由

関連記事

  1. リラックスする女性

    瞑想

    【マインドフルネスとは?】5分で分かる意味と効果、正しいやり方も解説!

    みなさんこんにちは。今回はマインドフルネスの意味や効果、正しい…

  2. 瞑想

    瞑想

    【瞑想にベストな時間は夜?朝?寝ながら?】体験者が教える正しい瞑想方法!

    みなさんこんにちは。今回は瞑想にベストな時間や正しい瞑想方法を…

  3. 瞑想

    【瞑想はやり方を間違うと危険】簡単に正しい呼吸法を身に付ける方法を解説!

    みなさんこんにちは。今回は瞑想と呼吸法をテーマにお話したいと思…

  4. 呼吸瞑想

    瞑想

    【瞑想は効果がない、集中出来ない】と感じた人にやって欲しい超簡単呼吸法!

    みなさんこんにちは。今回は、瞑想で効果がない、集中出来ない時の…

  5. マインドフルネス教室

    マインドフルネス

    私がマインドフルネス瞑想にセミナーや教室通いは不要と感じた5つの理由

    みなさんこんにちは。今回はマインドフルネス瞑想のセミナーや教室…

  6. 瞑想

    マインドフルネス瞑想と音楽は相性抜群!体験者が教えるおすすめミュージック!

    みなさんこんにちは。今回はマインドフルネス瞑想と音楽をテーマに…

オススメ記事

  1. 女性3人
  2. お金のない女性
  3. シングルマザー 結婚
  4. 自愛アファメーション
  5. 大量の一万円札
  1. チャールズ・チャップリン

    名言格言

    【言霊】人生を劇的に変える魔法の言葉!偉人達の名言&格言12選!
  2. 理想の仕事

    潜在意識体験談

    シングルマザーで40代でも理想の仕事に転職出来た2人の成功体験談!
  3. 暗いパソコン

    お金

    【ネットビジネス初心者は詐欺に注意】怪しい案件を見極める5つのポイント!
  4. 潜在意識の覚醒

    潜在意識と顕在意識

    【潜在意識の達人】潜在意識を覚醒し、変える(変化させる)には?5分で分る簡単な方…
  5. karma

    業(カルマ)

    【業(カルマ)とは何か?】業の意味と輪廻転生との関係を優しく解説
PAGE TOP