猫を抱く女性

情報商材と詐欺

【注意】猫や犬の里親詐欺が横行!悪質な手口を実際あった事例を解説!

みなさんこんにちは。今回は猫や犬の里親詐欺をテーマにお話したいと思います。

里親詐欺は、主に猫や犬の飼い主を騙して猫を譲り受けようとする犯罪です。実際に刑事事件として立件されるケースは少ないですが、非常に悪質で犯人に対して強い憤りを覚えます。

様々な事情で猫や犬を買い続けられなくなる事もあると思いますが、そういった際には里親詐欺に騙されないように注意する事が大切です。ペットの命に関わる場合もありますので、私達がしっかりと犯行の手口を理解して騙されないようにするしかありません。

ペットを手放す事を検討している方は、是非最後迄読んでみて下さい。

里親詐欺とは飼育目的以外の目的で猫や犬を譲り受けようとする犯罪の事

里親詐欺は、飼育以外の目的で猫や犬を譲り受けようとする事です。全てが犯罪になるわけではありませんが、民事・刑事の両方において、詐欺罪が成立する可能性が高い行為です。

里親詐欺の犯人の目的はお金だけではない

仔猫

一般的な詐欺事件での犯人の目的はお金でしょう。ところが里親詐欺の場合は、犯人の目的がお金というケースと、そうではないケースもあるという点に特徴があります。

金銭目的の里親詐欺の場合は、譲り受けた動物を転売したり、更に別の人に譲って対価を受け取ろうとしたりします。最終的に誰かの手に渡り、飼育されるのだから大丈夫と思うかもしれませんが、動物実験に使用されたり、三味線の材料にされてしまう事もあります。猫や犬を譲り渡す人の気持ちからすると、動物実験や三味線の材料にされてはたまらないと思う筈です。

一方、犯人に金銭以外の目的がある場合は、犯人が精神異常者である事が多いようです。猫や犬を虐待する為だけに受け取ったり、譲り受けて直ぐに保健所に持ち込んでしまうケースもあります。このタイプの犯罪者に大切な動物を渡してしまうと、動物も飼い主も共に不幸になってしまうので、譲り渡す相手は慎重に選ぶ必要があります。

動物愛護法違反となるケースとその罰則

動物愛護法に於ける愛護の対象となる動物は、犬や猫等の肺呼吸をする動物です。里親詐欺で動物愛護法違反となるケースは、次のような場合です。

  • 遺棄する事(100万円以下の罰金)
  • 健康や安全にとって悪い環境で拘束する事(100万円以下の罰金)
  • 餌や水をあげずにいる事(100万円以下の罰金)
  • みだりに傷付けたり殺す事(2年以下の懲役、または200万円以下の罰金)

里親詐欺で心配になるのは、最後の傷付けられたり殺されたりする事ですが、闘犬や闘牛等の伝統行事を行う場合は例外になるようです。

動物好きの飼い主にとっては、動物愛護法による罰則が緩いと感じるかもしれません。しかし、実際は、里親詐欺の犯人が分かったとしても、動物愛護法違反で立件される事は少ないのです。

里親詐欺が民法や刑法の詐欺に該当するケース

民法

民法や刑法の詐欺になるのは、相手を騙して犬や猫等の動物を提供させた場合です。民法では実際に動物を提供させた際に詐欺が成立しますが、刑法では犬や猫等を提供させようとしただけで詐欺が成立します。

里親詐欺の被害者は、犯人に対して慰謝料請求をしたい気持ちになると思いますが、請求するのは現実的ではありません。こちら側に過失が全く無く、ペットが死亡した場合でも慰謝料の目安は10万~30万円程度です。裁判所に慰謝料請求を認めてもらう為の手間と費用を考えると、費用倒れになるのは確実で、犯人から支払って貰える保証もありません。

刑事事件での詐欺罪についても、犯人に騙そうとする意思があった事を証明しないといけないので、簡単には刑事事件として立件出来ないのです。このように刑法や民法に於ける詐欺が成立したとしても、犯人が開き直れば何の抑止力にもならない事が分かるでしょう。

里親詐欺の被害に遭わない為の対処法

里親詐欺の被害に遭わない確実な方法は、知り合い以外に大切な犬や猫を渡さない事です。知り合いの知り合いや、そのまた先の知り合いでも良いでしょう。どこかで繋がりのある人なら、動物を虐待する事も無いと思います。

しかし、それでもWeb上のサービスを利用せざるを得ない場合もあります。そのような時は、実際に会って相手の雰囲気を観察するしかありません。少しでも怪しい、不審だと感じる場合は、急いで手放す必要がある時でも断りましょう。後になってから「少し怪しいと思った!」と言っても意味がありませんし、自らの過失を自分で証明しているに過ぎません。

また、「類は友を呼ぶ」という諺があるように、ネガティブな考えばかりしているとそれが現実になる事もあります。自分は運が良いので大丈夫、私は絶対に里親詐欺の被害に遭わない、と日頃から思うようにしていると良いでしょう。

2014年 大阪府枚方市で起きた里親詐欺の事例を紹介

2014年に大阪府枚方市で発生した里親詐欺は、次々と猫が行方不明になる事件です。猫を譲り渡した飼い主らは、相手に猫の返還と損害賠償の請求をしますが、満足出来る判決とはなりませんでした。

30代男性に渡した5匹の猫が行方不明になる

逃げる猫

大阪府枚方市の里親詐欺は、30代の男性が里親になると言って猫を譲り受けたものの、譲り受けてから間もなく猫の行方が分からなくなったという事件です。被害にあった猫は発覚しているだけで5匹です。

被害者の1人が「枚方で里親になると騙して猫を受け取っている人が居る」というブログの記述を見付け、自分が譲り渡した男性だと思ったのが、事件発覚の切っ掛けです。その後、里親募集サイトを通じて、自らも情報提供を求め、その男性に猫を譲り渡した5人が集まったのです。

男性に対して猫を返還するように求めるも、「逃げた」「死んだ」といって応じないので訴訟に踏み切る事になりました。刑事事件についての情報はありませんので、恐らく、警察で被害について取り合ってもらえなかったのでしょう。

動物愛護法や刑法での立件はありませんでしたが、猫の飼い主らは、30代の男性に対して猫の返還と、約550万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴します。しかし、猫の返還請求に関しては却下され、賠償請求についても約63万円の支払が命じられただけでした。

里親詐欺では珍しく損害賠償請求が認められた

里親詐欺の被害者の殆どは、裁判等起こさず泣き寝入りしているのが現状です。枚方市の事件では元飼い主の1人がブログの情報に気付き、自らも情報提供を呼びかけたので、計5人の被害者が集まれたのです。

但し、5匹の猫を騙し取られた際の損害賠償額が63万円という事は、1匹当たり12万6,000円の計算になります。ペットの被害額は低く見積もられるとは言え、元飼い主にとっては全く納得の出来ない金額だったでしょう。

被害に遭った5人の飼い主は、「お金なんて要らないから猫を返還して欲しい」と訴えたそうですが、裁判で却下されています。例え里親になる気が全く無い相手だったとしても、譲渡してしまうと、返還して貰う事が非常に困難だという事が分かります。

被害者の中には、30代の男性の自宅まで確認して譲り渡した方もいたそうです。被害に遭わない為には、更に慎重に相手を見極めましょう。

厳罰を求める嘆願書の署名を集めて男性は書類送検になる

猫を30代男性に譲り渡した被害者等は、その後、インターネット上で男性に対する厳罰を求める嘆願書の署名を集めます。事件について知った他の人の協力もあり、非常に多くの嘆願書の署名が大阪地検に郵送されたそうです。その結果、動物愛護法違反により男性は書類送検の処分を受ける事になりました。

被害を受けた元の猫の飼い主は、書類送検だけではまだ納得が出来ないと思います。しかし、民事裁判に於いて賠償請求が認められた上、書類送検とはいえ刑事事件として立件出来た事は、非常に意味のある事です。

今後、大阪府枚方市で起きた里親詐欺のような事件が起きないとも限りません。万一、動物を悪意ある人に騙し取られてしまった際、損害賠償が認められ刑事事件としても立件出来た良い事例になります。5人の被害者と被害者に協力した多くの方の努力が実ったと言える事件でしょう。

2020年 北九州市門司区で発生した里親詐欺の特徴と事例を解説

2020年には、北九州市門司区でも里親詐欺の事件が発生しています。この事件の特徴は、詐欺をしているのが夫婦の2人組であり、平気で嘘を吐いている性格だという事です。里親詐欺をしかねない人を事前に見抜ける可能性がある事例です。

猫を受け取っては虐待を繰り返していた

撫でる

この事件に於ける加害者は、30代と思われる夫婦です。里親を引き受ける際は「私達には子供が出来ないので愛情をたっぷり注ぐ」とか「一目惚れしました!」等というそうです。

しかし、この夫婦に大切な猫を渡してしまうと、直ぐに保健所や動物保護センターに持ち込まれたり、山中等に遺棄されたりしてしまうのです。猫の受け取りと保健所への持ち込み等を繰り返しているので、この夫婦は警察から厳重警告を受ける事となりました。しかし、それでも猫の虐待を辞める様子が無い事から、インターネットやSNS上で、この夫婦への注意喚起が行われています。

この事件の特徴は、目的が動物虐待になっている事です。何度も猫を受け取っては保健所等に持ち込んでいるので、動物に危害を加えるのが目的となっているのは確かだと思います。

加害者の夫婦は強い自己否定の考えがあると考えられる

この事件の加害者夫婦は、呼吸をするかのように平気で嘘を吐く、という特徴があります。そして、猫や犬等の弱い立場にある生き物に危害を加えているのも特徴です。

共通しているのは、加害者の夫婦2人に強い自己否定の考えがある事です。自己否定の考えというのは、「自分には存在価値が無い」とか「自分は有能ではない」といった考えです。

この考えは、無意識のレベルで非常に苦しさを感じます。結果として、人を見下したり悪口を言ったりする等、弱いと思える存在に対して攻撃的になり「自分には価値があるんだ」と思おうとするのです。

また、自己否定の考えが強いと、無意識のうちに自分を良く見せようとして、所謂、下心の支配を受けて言葉を発するようになります。加害者の夫婦が平気で嘘を吐いているのは、「そう言った方が得だ」という無意識の下心があるからで、当人は嘘を吐いている自覚は全く無いと思います。

このタイプの加害者は愛がある人間かどうかを確認する事で対処可能

この里親詐欺の加害者には、強い自己否定の考えがあると説明しました。このタイプの人を見分けるには、「愛がある人かどうか?」を観察しましょう。

強い自己否定の考えがある人は、その考えに苦しんでいるので、自分の事だけしか考えられなくなっています。逆に自己肯定感が高い人は、自然に人を褒めたり、喜ばせたりするのが得意です。

「子供が出来ないので可愛がります」とか「一目惚れした」というのは、あくまでも当人の都合です。本当に里親になって猫に愛情を注ぎたいと思っているなら、既に「こういう風に育てたい」という具体的なイメージがあり、それを伝えて来る筈です。元の飼い主に対しても、猫を受け取るだけではなく、何か御礼をしようとしてくるのがまともな人の反応でしょう。

このような「与えようとしているか?」という点に着目すれば、きっとこのタイプの加害者には騙されないはずです。

2011年 神奈川県川崎市で起きた悲惨な里親詐欺の事例を紹介

2011年に神奈川県川崎市で起きた里親詐欺では、非常に多くの猫が犠牲になりました。さらに犯人は、元の飼い主に対しても非情な事をして苦しめました。刑事事件にもなった、川崎の里親詐欺について解説したいと思います。

ネットの里親募集サイトで譲り受けと猫への虐待が行われた

逮捕

1例目の大阪府枚方市の事件では、加害者は猫を遺棄したのではないかと思われますが、詳細は分かっていません。2例目の北九州での里親詐欺は、保健所等に持ち込むという事が行われました。

最後の川崎市の事件は、動物虐待の程度が酷く、残酷だという点に特徴があります。犯人は、譲り受けた猫に対して、2階の窓から放り投げたり川に投げ込んで溺死させたりしたのです。動物好きの人なら、自分が飼っている猫でなくても心を痛めるでしょう。ましてや、この事件で被害に遭われた元飼い主の気持ちを考えると、非常に気の毒で仕方がありません。

犯人は、警察の取り調べで「ストレス発散の為に最初から殺すつもりで貰った」と供述したそうです。動物愛護法違反と刑法の詐欺罪で逮捕されましたが、多くの人の心を傷付けた事件だと思います。

元の飼い主に対する残酷な言動も行われた

この里親詐欺の犯人がさらに酷いと思うのは、元の飼い主に対しても苦しめるような言動をした事です。

譲り受けた猫に虐待をしただけでなく、元の飼い主には「悪戯が酷いので生きたまま川に投げ入れた」等と伝えたのです。北九州の里親詐欺の加害者と同じく、ネガティブな考えに支配されていたのは確かだと思います。しかし、それでも元の飼い主や猫に与えた苦痛が大きいので、未だに苦しんでいる人も居るでしょう。

元の飼い主は、犯人に猫を渡してしまった自分を責めるのを止めて、自分を許す事でしか乗り越えられないと思います。この事件を知って心を痛めた方も居ると思いますが、しっかりと学べるところは学びに変えて、是非これからの人生に活かして下さい。

被害に遭わない為にポジティブな思考を習慣にする事が大切

川崎で起きた里親詐欺から学べる事は、北九州の加害者と同様、里親が与える人間かどうかを見極める事が大切だという事です。

もしあなたの思考がネガティブになっていると、相手の人間に愛があるかどうかを見抜けにくくなります。絶対に自分の大切な猫を守るんだ、という意思がある方は、徹底的にポジティブな考えを身に付けて下さい。そうすれば、相手のちょっとした否定的な態度も分かるようになりますし、あなた自身の幸福度も上がります。

否定的な考えが悪い現実を引き寄せている、という話もありますので、ポジティブに考える習慣を身に付ける事が被害の予防になります。このような事件を聞いて、犯人に対する怒りの感情が湧くかもしれませんが、何時迄も感情に囚われているのは良くありません。人生で体験する事の全てが学びと考え、落ち着いた気持ちで対策を考えるようにしましょう。

まとめ

里親詐欺の事件や犯人に対して「怖い」と感じるかもしれませんが、全ては未熟な人間がしている事です。ネガティブな感情に支配されて、それを弱い存在の猫に向けているだけです。

また、動物虐待の問題も近年になって起き始めたものではなく、昔から動物虐待は行われていたそうです。私達は、動物を虐待する未熟な人には絶対に負けません。情報を集めて知恵を絞り、ポジティブな姿勢で動物の大切な命を守る事を考えるようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. 【潜在意識で復縁】絶望的な状況から復縁できた女性2人の成功例体験談
  2. 【フォーデイズは宗教?マルチ?】核酸ドリンクの評判等口コミ体験談!
  3. ネットワークビジネスに誘われやすい人の特徴5選と良くある勧誘手口!
  4. 【30代なのに仕事で怒られてばかり】良くある原因や特徴と解決策!
  5. 《夢占いより当たる心理診断!》妊娠の夢を見る意味55選!(出産・友達・未婚・他人…

関連記事

  1. ネットワークビジネス

    情報商材と詐欺

    【MLMビジネス】図解付き!5分で分るネズミ構との違いや仕組み!

    みなさんこんにちは。今回はMLMビジネスをテーマにお話したいと…

  2. パソコンとお札

    情報商材と詐欺

    【オンラインサロン詐欺】200万円騙し取られた元会員が手口を暴露!

    みなさんこんにちは。今回は、オンラインサロン詐欺をテーマにお話…

  3. ビジネスマン

    情報商材と詐欺

    【与沢翼は何故詐欺師と呼ばれているの?】理由や過去の経歴を徹底解説!

    みなさんこんにちは。今回は与沢翼さんをテーマにお話したいと思い…

  4. 犯罪

    お金

    【情報商材は99%が詐欺】私がオススメしない4つの理由と中身や内容を大暴露!

    みなさんこんにちは。今回は情報商材の中身や内容をテーマ…

  5. 出会い系アプリ

    情報商材と詐欺

    【出会い系は90%が詐欺です】元サクラが語った手口等業界体験談

    みなさんこんにちは。今回は出会い系をテーマにお話したいと思いま…

  6. 在宅ワーク詐欺

    情報商材と詐欺

    【副業】主婦を狙った在宅ワーク詐欺に注意!被害者の口コミ体験談!

    みなさん、こんにちは。今回は主婦を狙った在宅ワーク詐欺…

オススメ記事

  1. 頭を抱える男性
  2. 疎まれる
  3. 思い悩む女性
  1. ノートに文字を書く女性

    自己実現

    【幸せになりたい】人が幸せになる為に絶対必要な11の習慣とコツ!
  2. 成功者イメージ

    人生

    【承認欲求強い?弱い?】ない人の方が仕事や人生で成功する理由6選
  3. メンタル

    気持ちが切り替えられない人に!10分で簡単に気持ちを切り替える方法4選!
  4. プルーン

    マルチ商法&ネズミ講

    【ミキプルーンはマルチ商法?ネズミ講?宗教?】口コミ体験談!
  5. 億万長者

    お金

    潜在意識で100億円ものお金を手にしセミリタイアした40代の体験談3選!
PAGE TOP