自己顕示欲

人生

【自己顕示欲が強いのは病気ではない】欲求を抑えずに満たす6つの方法

みなさんこんにちは。今回は「自己顕示欲が強い人が満たされる為の方法」をテーマにお話したいと思います。

自己顕示欲は、程度の違いはありますが誰にでもある欲求でしょう。自己顕示欲が強くなり過ぎてしまうと問題が生じる事もありますが、病気ではないので上手に対処する方法を身に付けるのがオススメです。自己顕示欲が強くなり過ぎないようにするには、自尊心を高めるのがポイントとなります。自尊心が高まり、自己顕示欲が満たされる為の6つの方法を紹介しますので、是非参考にして下さい。

Contents

自分も他人も褒める習慣を身に付ける

自己顕示欲が強過ぎる場合は、自分や他人を褒めるという点に意識を向ける必要があります。自分自身に対して、肯定的な見方が出来るようになれば、他人からの承認や評価は、大きな意味を無さなくなるからです。

強すぎる自己顕示欲は自己否定の考えによる苦しさの表れ

自己顕示欲が強過ぎる人は、自分自身との繋がりが弱くなっている人です。自分で自分の事を認める事が出来ず、人に認めて欲しい、自分を見て貰いたいという考えが生じます。

人に褒めてもらったり、認めてもらったりする事でも自己顕示欲は満たされますが、自分で自分を認めれば、他人からの評価はどうでもよくなるでしょう。自分自身に対して肯定的な見方が出来るようになれば、人に対しても同じように肯定的な見方が出来るようになります。まずは、自分自身に対して、そのままでも十分に価値があるという事を腑に落ちるまで考えてみて下さい。

他人に対して批判的になっていないか振り返る事が大切

強過ぎる自己顕示欲がある人は、他人に対して批判的になっている場合があります。人に対して否定的な態度を取ってしまうと、コミニケーションを上手に出来なくなってしまいます。最悪の場合、職場や学校で浮いた存在になってしまいますので、自分が人に対して批判的になっていないかを振り返ってみて下さい。

もし、人に対して否定的になっていると思う場合は、意識して人を褒めるようにしましょう。自己顕示欲は、人から褒められたいという欲求です。少し位は誰にでもありますので、人を褒めるようにすると人間関係が上手くいくようになります。

否定的な言葉を二度と口にしないと決意する事が重要

人を褒めて自分も褒める事に決めたら、この際、脳にダメージを与える否定的な言葉を二度と口にしないと決意しましょう。「自分なんて…」「嫌になってしまう」等、否定的な事を言ってしまうと、もう一度、同じ事を言いたくなるような現象が起きると言われています。ネガティブな言葉は、脳にダメージを与えるとも言われていますので、ポジティブな言葉だけを使うと決意する事が大切なのです。

自分や他人に対して良い側面を見ようとすれば、強すぎる自己顕示欲の問題は、自然と治っていくでしょう。

過去の誇らしい出来事を何時でも思い出せるようにしておく

過去の成功

自己顕示欲が強過ぎるという問題は、自己の能力に対する自己評価が低いのが原因という場合があります。自分の能力についての自己評価は、自分で自由に変えられますが、その方法の1つが、過去の誇らしい出来事を思い出す、というやり方です。

脳にとっては過去も現在も同じ出来事

人間の脳には、「臨場感の高い方を現実として捉える」という特徴があります。例えば、今はまだ素敵な恋人との出会いがなかったとしても、素敵な恋人との出会いを想像して、楽しい未来にワクワクした感情になると、脳にとっては、今幸せな現実が起きているのと変わりません。

能力についての自己評価が低くて自己顕示欲が強過ぎるなら、過去の上手くいった出来事を頻繁に思い出せば良いという事です。毎日3回、過去の成功体験を思い出すようにすれば、1ヵ月で90回も成功していると脳が勘違いします。沢山成功しているので、他人に認めて欲しい等という欲求は、あっという間に消えて無くなるでしょう。

過去の成功体験を纏めたノートを作るのがオススメ

過去の成功体験を思い出す目的は、その時の嬉しいとか誇らしいという感情を再体験する事にあります。過去に味わったポジティブな感情を何度も味わうようにすれば、脳にとっては、何度も何度も成功しているのと同じ状態になります。

過去の成功を思い出すといっても、なかなか思い付かないかも知れません。生まれてから現在に至るまでの成功を体験ノートに纏めて、何時でも思い出せるようにしておくと良いでしょう。ポイントとしては、過去に成功した際、誰にどんな言葉を掛けられたとか、どんな気持ちになったか等、詳細を思い出せるようにメモに残しておくと良いでしょう。

過去の成功を思い出した時の感情を増幅させる練習をする

過去に上手くいった経験を思い出して、喜びやワクワク感を再体験しますが、この時に味わえる感情は、練習をするとより大きな感情に出来ます。

少し分かりにくいですが、過去に成功したのを思い出して、30の喜びが感じられたとすると、練習次第で50や100の喜びに出来るという事です。ポジティブな感情を大きくするには、その感情に意識を向けて、自分が興奮して大喜びしていると考えると上手くいくでしょう。

人によって得意・不得意が分かれると思いますが、興味のある方は、感情の増幅が出来るかどうかも試してみると良いと思います。

自己肯定感を高める言葉を唱える

言葉を唱える

自己肯定感をしっかりと高めておくと、自己顕示欲が強くなり過ぎて困る問題は起きません。自己肯定感というのは、自分自身についての自己評価の事です。自尊心と自己効力感(エフィカシー)の2種類がありますので、どちらも高めておくと良いでしょう。

自分を許して愛すると自尊心が高まる

自尊心が低い状態というのは、自分で自分のダメ出しをしている状態です。自分で自分の事を否定しているので、その考えに苦しくなり、自己顕示欲が強くなるという場合があります。

自尊心を高くするには、ありのままの自分を認める為に、自分自身を許して愛する必要があります。幾つかの自尊心を高める方法がありますが、「自分を許します」「自分を愛します」等を暇がある時に繰り返し唱えるだけでも効果があります。言葉を唱える際は、最低でも1万回は言ってみて下さい。1万回繰り返して唱えると、気持ちが少しずつ変わってくるのに気が付くと思います。

「私って凄い!」で自己効力感が上がる

自己効力感を上げると、自己顕示欲というよりは、無意識の内に他人に励ましてもらおうとするのを止めるのに効果があります。自己効力感が低い状態では、例え目標があったとしても「自分には出来ないかも」と思ってしまい、他人に「大丈夫だよ!」と励ましてもらいたいと考えてしまいます。

自分で自己効力感を上げるには、「私って凄い!」とか「私は出来る!」と自分の能力を肯定する言葉が効果的です。自尊心を上げる言葉と同じように、最低でも1万回繰り返して唱えると、その効果を実感出来るでしょう。

無意識に行われている脳内の会話をポジティブに変えると人が変わる

頭の中で無意識の内に何か考え事をしていたり、単語が思い浮かんだりする事があります。この無意識に行われている会話のようなものは、脳科学ではセルフトークと呼んでいます。セルフトークは、1日に4~6万回行われていると言われ、その殆どがネガティブな内容になっていると言われています。

このセルフトークをポジティブに変えると、自己肯定感が非常に高くなります。自分で自分の事を尊重出来て、自分の能力についても断固とした自信が持てるようになり自己顕示欲の問題等あっという間に無くなります。否定的なセルフトークに気が付いたらポジティブに言い換えるだけで変わってきますので、セルフトークのコントロールもするようにしましょう。

感謝ノートを始める

ノートを書く女性

自己顕示欲が強くなるのは、物事をネガティブに見る癖が付いているのが原因と言えます。考え方をポジティブに変えるには、感謝ノートを始めるのが効果的です。即効性はありませんが、確実にポジティブな思考になり、自己顕示欲が強過ぎるという問題が無くなります。

感謝ノートは幸せ体質になる為のノート

感謝ノートは、現状の生活における「感謝出来る事」を見つけてノートに書き出していく為のノートです。この作業を繰り返しやっていると、ごく当たり前の事に感謝出来るようになり、幸福感で満たされるようになります。

自己顕示欲が強い状態というのは、「自分をもっと見て欲しい」とか「もっと高く評価をして欲しい」という不満が背景にある場合が多いでしょう。

感謝ノートを書く事で現状のままでも幸せになれれば、他者からの評価等は大した問題では無くなります。当たり前の事に感謝出来れば、自尊心も高くなるので、自分で自分の事を好きになり、自分一人だけの評価で完結出来るようになるのです。

感謝ノートは継続する事が大切

感謝ノートを始めると分かりますが、感謝をする量や質よりも、毎日継続する事が重要です。1日10分でも良いので感謝ノートを書く時間を設ければ良いのです。最初は、感謝出来る事が見つからないという事もありますが、継続してやっていると、無意識の内に感謝出来る事を探す癖が付きます。

物事の良い面や喜べる所を探す癖が付くと、思考がポジティブになり、強過ぎる自己顕示欲が落ち着いてきます。十分に心が満ちてくれば、現状を何一つ変える事無く心が幸福感で満たされるようになります。

感謝出来る事を見付けたら言葉に出して感謝する事も大切

感謝ノートを始めると、感謝を見つけようとするのが習慣になると説明しましたが、感謝出来る所を見つけたら、声に出して「嬉しい」「有り難い」と言うようにすると更に効果があります。

楽しい時でなくても笑顔を作ると楽しくて幸せな気持ちになれると言われますが、言葉にも同じ効果があります。「嬉しい」とか「有難う」と声に出して言うと少しずつ心が満たされて、心から嬉しくて有り難い気持ちになれます。時間が掛かる事ではありませんので、なるべく声に出して言うようにすると良いと思います。

仕事や勉強等で力を出し切るようにする

走るサラリーマン

仕事や勉強等、何かをする際、何時もよりも少しだけ力を出し切るようにすると、自己顕示欲が緩和されます。自己顕示欲は、自分に対しての自信の無さの現れである事もありますが、力を出し切って何かをすると、自然と自分に自信が持てるようになります。

仕事で本気度を少し上げると自己肯定感も上がる

仕事をする際、何時もよりも少しだけ本気になってやると、自己肯定感が上がります。お掃除や片付け等をイメージして頂くと分かりますが、本気になって取り組むと、本気になれた自分を誇らしく思う事が出来、自分自身を褒めてあげたい気持ちになれます。

仕事をする際も少しだけスピードを上げてやるようにしたり、早く終わらせて他の人の仕事を手伝ってあげたりすると、周囲の人も喜びますし、自分でも喜べます。自己顕示欲は、仕事を一生懸命やる事でも示せますが、この方法なら誰にも迷惑にならず、皆が幸せな気持ちになれるでしょう。

悪い習慣を止める努力をするのも効果的

タバコや過度の飲酒等、悪い習慣がある人は、悪い習慣を止めるという事に本気になるのもオススメです。例えば、喫煙の習慣があるなら、本気になって禁煙に取り組みましょう。周囲の人に「今、禁煙をしているんだ!」と話しても嫌がる人はいないはずです。自慢話等は嫌がられますが、悪い習慣を断ち切る努力をしているなら、応援してくれる人も現れると思います。禁煙や禁酒に成功したら、他の人の禁煙等の応援も出来るようになります。

負荷の高い運動をするのもオススメ

少し負荷が高いジョギングや筋トレ等の運動をするのも、自己顕示欲を抑える効果があります。運動して汗を流す事で心身共にリフレッシュ出来、気持ちがポジティブになれるからです。

強過ぎる自己顕示欲は、そもそも自分の心の状態がネガティブに傾いてしまっているのが原因です。少し負荷がある運動には、心身への良い作用があります。即効性もありますので、人間関係に問題が生じてしまっているような時は、運動と合わせて、他の改善策を試すと良いでしょう。

人の役に立つ事を積極的に行う

ゴミを拾う女性

自己顕示欲が強くなっている状態は、自分の事だけしか考えられなくなっている場合が多いと言えます。自分に関わる全ての人の幸せを願っている時は、自己顕示欲に溺れるという事はありません。人の役に立つ事をするようにして、視点を高く持つようにすれば、自然と自己顕示欲の問題は解決するでしょう。

人に役立つ事を考えると自尊心が高まる

人に役立つ事を考えて、それを実行していくと、自然と自尊心が高くなり、強くなり過ぎた自己顕示欲が落ち着いてきます。自己顕示欲が強くなり過ぎてしまうのは、自分に対する評価が厳し過ぎるからです。

いきなり自己評価の基準を緩くすると言っても難しいので、人に役立つ事をするようにして、しっかりと自己評価を上げられるようにする事が大切です。1日5分だけ自宅の近くのゴミを拾って歩くだけでも、大きな効果があります。他人の幸せを願って行動する事が出来れば、それだけで幸せな心の状態になるでしょう。

陰徳を積む事をゲーム感覚で楽しめると効果的

人の役に立つ事をする時は、「陰徳を積む」という点を意識して下さい。「私は、こんな良い事をやってるんだ!」と人に話してしまうと、人に役立つ事をするのではなく、下心でやっているだけの行動になってしまいます。

良い行いは、必ず誰かが見てくれていますので、人に役立つ事をしているというのは、誰にも言わないようにするのがオススメです。何時かは、必ず誰かに「素晴らしい行動ですね!」と褒められるので、その日を楽しみにしながらやると良いでしょう。

陰褒めを習慣にすると人間関係が劇的に良くなる

自己顕示欲が強過ぎて、人間関係が思うように構築出来ない状態なら、陰で人を褒めるのを習慣にするのがオススメです。本人がいない所で陰口を言う人はいますが、必ず人間関係が悪くなり、不幸になります。

逆に、陰で人を褒めるようにする行為は、必ず人間関係が良好となり、幸せな関係性が築けるでしょう。本人に直接褒めるよりも効果がありますので、ゲーム感覚で楽しむと良いと思います。

まとめ

自己顕示欲は、日常のちょっとした習慣で上手にコントロール出来るようになります。今回紹介した6つの方法は、どれも自己肯定感が高められる方法ですので、出来そうな事から取り組むようにして下さい。例え今、自己顕示欲が強過ぎて人間関係に問題があるとしても、上で紹介した対処法を実践していれば、少しずつコミュニケーションを取るのが上手になってきます。自己顕示欲が強すぎるという問題は、病気ではありませんので、最後まで諦めないようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. 潜在意識で50億円ものお金を手にしセミリタイアした30代の体験談3選!
  2. シングルマザーから貧困を抜け出し年収1千万円になった3人の体験談!
  3. 【ミキプルーンはマルチ商法?ネズミ講?宗教?】口コミ体験談!
  4. 《夢占いより当たる心理診断!》電車の夢を見る意味56選!(事故・乗り換え・乗り遅…
  5. 【マインドフルネス瞑想】ダイエットにも効果!寝ながら出来る瞑想法!

関連記事

  1. 解放された女性

    人生

    【幸せに生きるには?】お金や結婚に囚われないシンプルに生きる方法

    みなさんこんにちは。今回はお金や結婚等に囚われずに幸せでシンプ…

  2. 宝くじ

    人生

    人生を一発逆転で変えようとする人の99%が必ず不幸になる理由3個

    みなさんこんにちは。今回は人生を一発逆転で変えようとする事の危…

  3. 手を広げる

    人生

    【思い通りの人生を手に入れる】潜在意識アファメーション例文50選!

    みなさんこんにちは。今回は『思い通りの人生を手に入れる方法』を…

  4. ネガティブな男性

    人生

    人生に疲れた、消えたいと感じている人に良くある特徴9個と改善方法

    みなさんこんにちは。今回は否定的な考えで苦しんでしまっている人…

  5. 窓拭き

    人生

    【子育てには息抜きが必要!】お金の掛からないストレス解消法5選!!

    みなさんこんにちは。今回は、「お金の掛からないストレス解消法」をテ…

  6. 扉を開く

    人生

    【人生を変える】つまらない人生にサヨナラ出来るたった4つの行動!

    みなさんこんにちは。今回はつまらない人生を大きく変える方法をテ…

オススメ記事

  1. ショッピング
  2. 在宅ワーク詐欺
  3. 自己顕示欲
  4. チャールズ・チャップリン
  5. マントラ瞑想
  1. 言霊

    【言霊】ありがとうの言霊効果が起こす奇跡!人生が変わった5人の体験談!
  2. ヤミ金のお金

    情報商材と詐欺

    【ソフト闇金の実態】手口を暴露!口コミを信じて借りてはダメな理由!
  3. 選択

    潜在意識と顕在意識

    【自分を変える】潜在意識で簡単に考え方や行動を変える5つの方法!
  4. リビングでくつろぐ夫婦

    お金

    【お金持ち入門】本物の富裕層ほど生活が質素な5つの理由【データ有】
  5. karma

    業(カルマ)

    【業(カルマ)とは何か?】業の意味と輪廻転生との関係を優しく解説
PAGE TOP