名言

ネガティブな人もポジティブ思考になる!心に響く偉人の名言や言葉まとめ!

みなさんこんにちは。
今回は偉人の名言や言葉をテーマにお話したいと思います。

偉人の名言や言葉は、ネガティブからポジティブな思考に変えるのに役立ちます。偉人の名言や言葉には、人生を経験した先人の知恵、さらに人生に役立つ考え方が凝縮されているものです。

この記事では、13の偉人の名言や言葉を紹介しています。どのように解釈して、どんな時に役立つのかも詳しくまとめていますので、人生をポジティブに歩みたい方は是非参考にして下さい。

「やってやれない事はない。やらずに出来るわけが無い」

日本の大実業家、斉藤一人さんの言葉です。斉藤一人さんは、健康食品を販売する会社を経営し、納税額で日本一に何度もなった大富豪の方です。

この言葉は、経済的な成功を収めたい方に何度も唱えるように勧めています。斉藤一人さんも潜在意識の力を活用して成功しています。大きな夢を叶えるには、道標となる出来るだけ小さな目標を設定して、兎に角大量に行動する事が大切だと教えています。

潜在意識を書き換えるアファメーションでもそうですが、言葉を唱えているだけではなかなか現実が変わりません。斉藤一人さんが言うように、地球は「行動の星」なので、しっかりと目標達成に向けた行動をする必要があります。

そして、目標達成に向けて行動している時に、この「やってやれない事はない。やらずに出来るわけが無い」の言葉を唱えて、自分を鼓舞します。大きな目標に向かって頑張っている方は、この名言を1日に何度か唱えてみるようにして下さい。

「レモンを受け取ったら、レモネードを作れ」

この名言は、アメリカの「When life gives you lemons, just make lemonade.」という諺になります。自己啓発本の世界的な名著「人を動かす(デール・カーネギー著)」でも紹介されているので、聞いた事がある方もいると思います。

この名言に登場する「レモン」は、人生に於ける波乱万丈や困難の事です。つまり、人生に於いて、何か困った事や辛い事が起きた時は、レモネード(望ましい結果)に変えてしまえという意味です。仏教で言うところの煩悩即菩提の事です。

例えば、あなたの会社の人間関係で上司(Aさん)がパワハラをしてくるという問題があったとします。この場合、Aさん以外の人は、あなたに嫌がらせをしていません。まずは、上司のAさん以外の人に対して、親切に対応してくれる事に感謝をします。「Bさん、ありがとう。Cさん、ありがとう」というように。そして、充分に有り難いという事を感じられるようになったら、その事に気づかせてくれた嫌がらせをするAさんに対しても感謝して、その事を伝えます。

このように感謝をして問題を解決していくと、意外と簡単に問題が問題ではなくなります。ネガティブになってしまう問題がある時は、「レモンを受け取ったら、レモネードを作れ」という視点で解決できないか考えてみて下さい。

「やれ運命がつまらないの、人生がつまらないのって人は、その考え方がつまらないんです」

この言葉は、日本の自己啓発の元祖と言われる中村天風さんの言葉です。ネガティブな気持ちになっている時は、その原因を自分以外の外部に向けてしまいがちです。しかし、中村天風さんが言うように、本人が人生の見方を変えれば、その受け取り方も変わってきます。

誰でも、つい愚痴や泣き言を言いたくなる時がありますが、「この考え方が人生をつまらなくしているんだ。どうしたらポジティブに考えられるだろう?」と捉え直す事も出来ます。

また、人生は、楽しくて面白くなった時に幸せを感じられるというのも違います。今の状態のままで幸せを感じ、楽しい気持ちでアファメーションなどをした方が、潜在意識の書き換えも成功しやすくなります。

「万策尽きたと思ったならば、こう考えよう。まだ可能性は残っている」

この名言は、アメリカの発明家として有名なトーマス・エジソンによるものです。非常に努力家であり、不屈の精神を持つ人としても知られています。

トーマス・エジソンは、子供の頃、異常と言われる程、あらゆる事に興味を持ちます。例えば、算数の授業で「1+1=2」と教わると、「同じ大きさの粘土を2つ合わせると、1つの大きな粘土になるのに、どうして答えが2になるの?」と質問していたそうです。しまいには、学校の先生から「この子の頭はおかしい」と言われて、小学校を3カ月で退学になってしまったそうです。

私達は、人生で困難に直面した時に、ネガティブに考えてしまったり、「もう駄目だ」と思ってしまう事があります。このような時こそトーマス・エジソンの「まだ可能性は残っている」という言葉を思い出し粘り強く生きたいものですね。学歴についても「小学校を出ていれば、エジソンよりも出世できる」と考えて、ネガティブにならないように気を付けましょう。

「本当に素晴らしいアイデアを思い付くには、アイデアをたくさん出すに限る」

この名言は、アメリカの科学者、ライナス・ポーリングの言葉です。ライナス・ポーリングは、ノーベル化学賞とノーベル平和賞を受賞した天才的な科学者です。

私達には潜在意識というものがあり、思い通りの現実を引き寄せる無限の可能性を秘めています。しかし、アファメーションなどを唱えるだけで行動しないと、なかなか夢を叶える事が出来ません。

ライナス・ポーリングの教えに従い、夢や目標達成の為に「出来そうな事」をたくさん書き出して、1つずつ実践していく事が大切です。目標達成の為のアイデアが思い付かない時でも、まずは、紙とペンを用意して何でも良いので書いてみる事が大切です。手を動かして書いているうちに、本当に夢を叶えられる良いアイデアが思い付く事もあるはずです。

紙とペンを使わなければ、2桁の掛け算もなかなか出来ません。ネガティブな気持ちの時は、紙とペンを使って素晴らしいアイデアを出してみてはいかがでしょうか。

「自分の事を応援してくれる人は誰か?」

この言葉は、自己啓発書の作家である本田健さんの本に出てくる言葉です。人生で困った事が起きた時、自分自身に対して、この質問を投げ掛けるように勧めています。

私達は、ネガティブな思考に囚われてしまうと、どうしても自分以外の人の事が考えられなくなります。そして、自分だけの事しか考えていないと、状況が改善する事が無く、問題解決の方法も見つけられなくなるものです。

そんなときには、「自分を応援してくれる人は誰か?」と自分に問いかけてみましょう。自分は一人ではない事に気づき落ち着きを取り戻せます。また、自分を応援してくれる人に対して感謝をする事で、潜在意識の書き換えもしやすくなります。

この本田健さんの名言は、お金の問題に応用する事も出来ます。お金に困っている時に「自分が豊かであると気付かせてくれる物は、一体どこにあるのだろう?」と問い掛けてみましょう。このようにすると、脳の働きにより豊かである証拠が次々と見つかり、ポジティブな感情でアファメーションなどが出来るようになるのです。

「自分の人生は、自分の責任だ」

この言葉は、上でも紹介した実業家の斉藤一人さんの言葉です。斉藤一人さんは、この言葉を最低でも1000回唱える事を勧めています。

実際に「自分の人生は、自分の責任だ」を何度も唱えていると、ネガティブや弱気になる自分の癖に気が付き、強気の自分に変われます。「お給料が少ないから…」とか「あまり勉強が出来なかったし…」というようなネガティブな考えは、すべて責任を転嫁した考えです。

私達には、潜在意識という途轍もない可能性を秘めた能力があります。どんな状況からでも幸せになれるし、大成功するのも夢ではありません。そのような素晴らしい才能を秘めているのに、ネガティブな発言や考えをするのは、人生を自分の責任だと思っていないからです。

これからは、斉藤一人さんが教えるように、自分の人生に起こる事全てが自分の責任だという意識を持ち、強くポジティブな気持ちで生きたいものです。

「人は『どうやって』という質問なら大抵耐えられる」

この言葉は、ドイツの哲学者フリードリッヒ・ニーチェによるものです。私達の人生には、必ずと言って良い程波乱万丈があります。そして、多くの人は、人生の困難に直面した際、「なんで、こんな事が!」とか「なんで、私だけが…」と考えてしまいます。

ここで、「なんで?」と自分に問いかける質問は、困難の責任を他者に向ける問いであり、ネガティブである事が多いです。しかし、「どうやって解決すれば良い?」とか「どうすれば、乗り越えられるだろう?」と考えるようにすれば、ポジティブな気持ちになれます。

フリードリッヒ・ニーチェは、「どうやって」という質問なら大抵は耐えられると言っています。これは、仮に問題を解決できなかったとしても、少なくとも「困難には負けない」という事を教えてくれているのです。

年配の方の表情を見ると、困難に負けている人、負けていない人がいる事が分かります。人生に波乱万丈があるのは仕方ありませんが、困難に負けない自分になりたいものですね。

「人は毎日、何と5万もの事を考えるそうだ。だったら、大きな事を考えるに限る」

アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏の言葉です。ドナルド・トランプ氏は、大富豪の企業家としても有名です。

この言葉は、日常的に脳内で行われているセルフトークの事を指しています。私達は、無意識に脳内で言葉を発しています。そして、その言葉が毎日、約5万回あるという事です。1日は、8万6400秒ありますので、ほぼ1秒に一回位のペースでセルフトークが行われています。

そして、ほとんどの人は、約5万回のセルフトークがネガティブなものになっていると言われています。ドナルド・トランプ氏が言うように、どうせセルフトークがされているならポジティブで大きな事が良いのはもちろんです。

まずは、自分のセルフトークに意識を向けるようにして、どんなセルフトークが行われているかを観察して下さい。否定的な考えが見つかった時は、その都度言葉をポジティブなものに修正していきます。何かで失敗してしまった時も「また、失敗した…」ではなく「私らしくない!」と言い換えるようにしましょう。

「なにか悲しい事、辛い事、その他消極的な出来事があったら、努めて『笑う』ようにしてごらん」

この言葉も上で紹介した、中村天風さんのものです。

この言葉を覚えておくと、人生で困難に直面した時にとても役立ちます。私達は、辛い事や悲しい出来事があると、無意識に表情を辛い・悲しい表情にしてしまいます。しかし、そんな時でも自分の意思で笑顔を保つことは、誰にでも出来ます。

辛い顔や悲しい顔をしていても、周囲の人を心配させたりするだけで良い事は何一つありません。笑顔でいられれば、自分の周りの人も安心していられます。

また、脳の働きからみると、笑う事でNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化されて、体の免疫力がアップするそうです。更に、幸福感や鎮痛作用に効果があるエンドルフィンも分泌され、自律神経のバランスも整います。

辛い時こそ笑うように努めれば、困難を乗り越える力が漲るという事ですね。新陳代謝も活発になりますので、美容の為にも笑顔を保つようにしましょう。

「躓いた時は、いつも起き上がって埃を払い、残る人生を歩み続けた。自分を信じていたから」

この言葉は、イギリスの小売業界の億万長者、サー・フィリップ・グリーンの言葉です。自分を信じる事の大切さを教えています。自分を信じる事の大切さは、斉藤一人さんも「自分は、凄いんだ」とか「我は神なり。愛と光なり」などの言霊で教えています。

今から2600年前にお釈迦様は、宇宙のすべての存在について「縁起」であると悟りました。縁起は、分かりやすく言うと、全ての存在は関係性であるという事で、全ては1つであるという見方です。つまり、神様がいるとしたら自分も神様だという事です。

日本の神道でも、存在の全てが神であるとしていますし、キリストも「あなた達は神の子だ」と言ったそうです。私達は、とても尊い存在で潜在意識による計り知れない能力も持っています。そんな自分の事を信じ抜くことが大切だと教えているのが、サー・フィリップ・グリーンの上の言葉です。

「計画を立て損なうのは、やり損なう計画を立てる事だ」

ロバート・シュラーというアメリカの牧師による言葉です。

計画を立て損なうというのは、何も仕事の事だけではありません。お金や恋愛などについて夢を持つ事も計画を立てる事です。しっかりと夢を持ってアファメーションなどを実践すれば、叶う事もありますし、そうでない事もあります。

しかし、未来について夢や願望を持たなければ、ほぼ間違いなく現状の延長線上の未来がやって来ます。脳には、今の状況(コンフォートゾーン)を維持し続けようとする働き(ホメオスタシス)があるからです。

今の生活に100%満足しているなら良いですが、そうでないなら夢や願望を持つという「計画を立てる」事が大切だ、という事をロバート・シュラーは教えてくれているのではないでしょうか。

ネガティブな思考に囚われている方は、ワクワクするような夢や願望を持ちましょう。夢を持つのにお金は1円も掛かりません。楽しい未来をイメージすれば、それが叶う確率は0ではない筈です。

「もっと思い切ってお金を使いたい事は何だろう?」

最後の名言は、上でも紹介した本田健さんの言葉です。あなたには、今よりももっとお金を使いたいと感じる事はないでしょうか。少し豪華な食事を楽しみたいとか、おしゃれをしたい、旅行に行きたいでも何でも構いません。

本田健さんのこの質問は、あなたの夢を見つけてくれる質問です。「お金が掛かる夢」という制限はありますが、自分が何にお金を使いたいのかは、自分が何に幸せを感じるのかと質問しているのと同じです。

夢が見つからないという方は、この質問についてじっくり考えて、夢や願望を見つけられるようにしましょう。

まとめ

偉人の名言を見てみると、どんな人の人生にも困難や波乱万丈はある事が分かります。まずは、人生に困難は付き物という事が分かれば、それだけでもポジティブになれるのではないでしょうか。

もし気に入った言葉があったら、手帳に書き写したりして、何度か声に出して読んでみる事をお勧めします。声に出して読んでいると、言葉の力によって、更に前向きな気持ちになれますよ。

成功している人は、座右の銘を持っている事が多いと言われます。上で紹介した言葉以外のものも含めて、勇気付けられる言葉は、大切に覚えておくと良いですね。

ピックアップ記事

  1. 潜在意識でお金を引き寄せパチンコの借金を返済した主婦の体験談4選
  2. 【何でも人のせいにする人の心理と特徴4つ】正しい対処方法も解説!
  3. 【瞑想でうまく集中出来ない人は寝ながらでもOK】簡単で効果抜群な瞑想のやり方!
  4. 【不労所得だけで生活】初心者でも月5~100万円稼げる種類や方法!
  5. 瞑想で眠くなったり頭痛が起こるのは何故?知って置くべき5つの好転反応!!

関連記事

  1. 考え方を変える

    名言

    【自分を変えたい人必見!】考え方を変えるスゴイ名言集10選!!

    みなさんこんにちは。今回は、自分を変えるのに役立つ10の名言を…

  2. 心の鍵

    名言

    不安を取り除く!5分で不安をなくす!気持ちが楽になる言葉&名言12選!

    みなさんこんにちは。今回は不安を無くして気持ちを楽にする言葉・…

オススメ記事

  1. ワンクリック詐欺
  2. お金を貯める男性
  3. 蜘蛛クモ
  4. デザイナーの女性
  5. イチロー
  1. 人間関係

    引き寄せの法則

    【引き寄せの法則】理想の友達や人間関係を手に入れた3人の体験談!
  2. 自然の中での瞑想

    瞑想

    【ヴィパッサナー瞑想は危険?】千葉や京都の合宿体験者達3人が語った驚くべき効果と…
  3. 法則

    成功者の共通点!孤独、筋トレ、同窓会に行かないなど行動パターン集!
  4. 高額

    お金

    人生に疲れた50代が潜在意識を使って2億円のお金を手にした方法!
  5. 声の録音

    アファメーション

    自分の声を聴く録音アファメーションの凄すぎる効果9選!(例文付)
PAGE TOP